蜂の女王との対話

網戸に、蜂が大きなボール状になってとまっていた。ブンブンうなっている。

中央の女王蜂を守って、働き蜂がかたまりになっている。

やがて、女王蜂一匹を残して、他はみんないなくなった。何処かへ仕事に出かけている。

今がチャンス。

網戸に近づき、網戸にとまっている女王蜂をながめた。誇り高きスズメバチの女王。

視線が合う。大きな目で、私に挑戦する。

「私をどうするつもり? 私は、母よ。母性よ。あなたに私を殺せるの?」

今、彼女を殺さなければ、この周辺に巣を作られてしまう。

そうなれば、この家を訪れるクライアントも、近所の人も、大変な危険にさらされる。

殺虫剤のスプレーを手にする。

ただ。。。でも。。。

 

夢によって、深いところを問いかけられた。

二元性の対立。生き残りをかけた戦い。

光の勝利。

闇はただ排除する。

、、、だけでいいのか。

双方が穏やかに共存する。

、、、そんな道はあるのか。

話し合いができればいいのだろうけど。

まあ、スズメバチに言っても無理ですよねえ。(^^ )

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP