“I am the one I have been waiting for.”

雪景色の朝。

“We are the ones we have been waiting for.”

という有名なフレーズがあります。アセンション関係でもよく耳にするようになりました。

「(救世主として)待ち望んでいた誰か、それは我々自身なんだ」という意味ですね。

それが今日の誕生日に、私に、気づきとしてやってきました。

“I am the one I have been waiting for.”

「待ち望んでいたのは、自分自身」

これからは、誰かがリアリティを創ってくれるのではなくて、自分で創るのです。

誰かがニューアースへ連れていってくれるのではなくて、自分で行くのです。

いえ、「自分で行かなければ」ダメなのです。

依存も、執着も、逃避も手放して、自分の足で歩き、自分の手で造り上げていくのです。それこそが、ニューアースへ行く「条件」なのです。

それがわかりました。

それが、今年の私の誕生日へのプレゼントだったと思います。

それに気づかせるために、この1年間の様々な私の多次元体験があったのです。

去年の誕生日プレゼントは、外部の物質界で目に見えるものとして与えてくれました。”愛のクラウン”であったり、数々の証拠写真であったり。客観性がないとなかなか信じることのできない私のために、3次元で具現化したものを贈ってくれました。

しかし、、今年はもうそうではないんです。

「自分のパワーを使いなさい」、ということなんですね。

そのために、ここまでたくさんのイニシエーション、ミッション、トラウマの浄化を経て、ハイアーセルフとの融合、男性性・女性性の統合の道を歩かせてくれた。

自分のパワーを使えるまでに育ててくれた。はいはいの赤ちゃんを、自力で歩けるように育ててくれた。

先日のセッションで、パートナーは言いました。「後は、貴女の好きなように。僕は、貴女の望むように生きていく。僕は、貴女の望むリアリティの中で具現化する」と。

それは別の意味で、”女性性に誘導される、女性性に奉仕することで満たされていく男性性”を体験したいのかもしれませんが。(アシュタール通信No.2)(^^ )

しかし、2018年、ここから先は、自分次第なのです。私に限らず、誰でも。別にツインフレームとの関係に限らず、どんなリアリティにおいても。

自分はどんな世界に生きたいのか。どのように生きたいのか。

徹底的に考えて下さい。そして、宇宙に、”宣言”して下さい。やるのは今です。

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP