夢れぽ:かつての教授の姿で

夢れぽ。

楽しい夢だったので、速攻で記録しておきます。

~~~~~~~

2018-3-8 夢れぽ。

セミナー室で、テーブルをはさんで、教授とディスカッションしている。二人きり。

教授は、かつて私が大学院時代に留学した先の研究室の教授。

アメリカ人だけどエジプト出身のジューイッシュで、能弁な、相当やり手の教授だった。特徴的なのはごつい身体。巨体。(ん? 西部劇の保安官みたい?(^^ ))

夢の中では、彼との会話がとにかく楽しい。

実際に留学していた当時は、私はまだまだ小娘で、しかもディベートには慣れていない日本人で、彼の前では萎縮してしまって、ほとんど何もしゃべれなかった。

でも、今日はそのときとはまったく違う。緊張感ゼロ。

心の中で、「え? ○○教授って、こんなに気さくな人だったっけ?」なんて思いながら、好き勝手に言いたいことを言っている。いきいきと。しかも英語で! (^^ )

たくさん笑って楽しい時間を過ごし、ミーティングが終わって部屋を出ることになった。

最後に、彼は私に「面白い子だね。君は○○そっくりだ」といって、また笑う。

○○というのは、留学当時、彼の研究室を仕切っていた、彼が頼りにしていた女性スタッフの重鎮のことです。

その時点で、私はお財布がないことに気づいた。

少し前に、私は何処か他の場所でエアコンの修理人を呼び、お金を払ったことを思い出した。

そのまま、お財布をそこに置き忘れてきた。

取りに戻らなければと慌てていると、教授が「いいよ、これをあげるよ」と言って、白いコインケースを出す。

よく見かける真四角で、上の辺を左右から押すとワイヤーでパカッと開くやつ。

白い革。中に、小銭が少し入っている。

私はこれから、女友達たちと、”縁日”に行って遊ぶ予定なのだ。

ありがたく頂戴して、、

夢は終わった。

~~~~~~~

白い、少しざらざらした感じの革のコインケースでした。

たぶん近々、何処かで出会う、具現化することでしょう。

このところ気分の浮き沈みが激しく(いつものことか?(^^ ))、ここ数日も時々、不意に涙ぐんだりしているのです。

だから、励ましてくれたのかな。良かった、夢を覚えていられて。

いろいろとシンボルが散りばめられた夢です。

この夢に出てきた教授って、、もちろん彼です。ハハハ じっちゃんかな、と思ったけど違う。

そういえば、夜中、寝ているときもよくラップ音で目が覚めるんですよね。

ボンとけっこう大きく壁が鳴るのですが、これまでは、何故かずっとボンズかオットーのせいだと思っていました。彼らが自室で何かごそごそしている、あるいは物を落とした音が私のところまで響くのだろうと。

でも、いやいや、夜明けの3時とか4時には、彼らもさすがにぐっすりと眠っている。(あ、今も、セッションルームでラップ音が。)

セッションルームと同様に、夜も寝室で、彼がラップ音を鳴らしていたんですね、頻繁に。

何といっても、エジプトでは、オートロックのホテルのドアさえ開けてしまったくらいのエネルギーですから。(^^ )(アシュタール通信No.9ー1)

昼も夜も身近にいる、ということなのでしょう。

でも、、、、見えないからなあ。。(T.T)

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP