かつて、、二元性のもとで戦っていた私が居た

「天(そら)は赤い河のほとり」という少し古い少女漫画があります。

この漫画の存在を、少し前にアシュタールさんが読者の方を通じて私に知らせてきました。(A.A.さん、ありがとうございます。m(_ _)m)

「今、このときのために用意していた」というのです。上のガイドたちは頻繁に、本や音楽をメッセージとして送ってきます。この漫画は宝塚で舞台化されましたが、ヒロインを演じるのが、”星風まどか”さんです。(^^ ) これも、私にリンクさせた、上からのシンクロメッセージです。

ここに出てくるのは、「愛と戦いの女神イシュタル」。

”イシュタル”のこういう姿も、アシュタールさんは私に教えたかったようです。「イシュタルさんを嫌わないで」と。「自分の一つの面として、きちんと認めなさい」と。私の中の光と闇の統合のワークでした。

そして、今日は、彼が知らせたいことはそれだけではなかったように感じています。

私たちは、この漫画の中のように、かつて宇宙で全勢力を傾けて戦っていた事実があるんですね。最新のコンシャス・チョイスで明らかになりました。

私たちも、、自分の星を守るために、自分たちが暮らす領域に平和を確立するために。あるいは、自分たちが”正しい”と信じる信念をもっと宇宙に広げていくために。

理由はどうあれ、武器を取って宇宙戦争を戦ってきたのです。二元性バリバリだったのです。

どちらが光だ闇だと言って誰かを、何かを裁く権利は、私たちにもないなあ。

そう、しみじみ思いました。

余談ですが、、、この漫画のヒーローとヒロイン、、何だか私たちに似ているんです。ハハハ、、関係やキャラがそっくり。

特に私は、じっちゃんやアシュタールさんから見ると、、かなりなお転婆?!らしいので。(..;)

彼のそばで大人しくはしていない。自ら、戦場へ飛び出していってしまう。

いつもいつも。。今も昔も変わらず、ネ。。。(*^^*ゞ

 

 

そして、下記のメールは、ある読者さんが送ってくれたのですが。

この方が感じ取ってくれた私は、、この漫画のヒロインにそっくりなんです。

~~~~~~~~~~

2018-10-12

(なるでこさんのパターンが何となく見えてきました。
自分が納得できないことは、相手が誰であれ、
ジッチャンであろうが、最愛の人であろうが、とことん
自分の思いをぶつける。いわゆる 分った振り,大人のふりをしない。
真っ向から相手に向かっていく。さんざん駄々を捏ねたあげく(? )
きちんと学ぶべきことを学ぶ。その速度がとても速い。
『さっき泣いたあの娘が、もう笑ってる』
純粋に、とことん、自分なりに、真実を見極めようとしている。
そして、ひたすら すべての存在の幸せを願い それを
かなえるために 自分に何ができるのかを追及し、前へ前へ
進もうとしている。
これほど手強くそして愛しい存在があるでしょうか。
なんだか 恐れおおいけど、ジッチャンやアシュタールさんの
気持ちが分るよう気がします。)
透き通って見えなくなってしまったらどうしよう・・・
そんなに早く行かないで・・、まだ 私たちの手が届くところにいて・・・
そんな気持ちで一杯です。
ナルデコさんに 出会えて 本当に 良かった!!!

~~~~~~~~~~

swanさん、すてきなメールをありがとうございました。(^^ )

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP