「この世のはかなきものに未練を残さず。飛び去ることもできず。」by マイケル

通訳のmayumiさんを通じて、数日前にマイケル(大天使ミカエル)から送られてきたメッセージ。

(マイケルは高波動・高次元。決して人間ではない。光そのもの、光の集合体?だから、、表現がとても格調高いのだそうです。mayumiさんを通すときには。(^^ ))

私に向けて。

「我が貴婦人とし右手におけるもの

鋼鉄の鎧を脱ぎ、素足で七色の光の上を歩めるよう

私は道を指し示す

この世のはかなきものに未練を残さず

飛び去ることもできず

私は立ち続ける」

後半はマイケル自身のことだけれど、私にもかけていて、

mayumiさん解説によると、「貴女がそこに留まるなら、私も共に立ち続ける。だから、貴女は何を怖れているんですか。先へ進みなさい」

という意味らしい。先日の私のビジョンと連動している。

鋼鉄の鎧を脱ぐとは、どういうこと?

それは別記事で。私にとって、厳しい厳しい”卒業”試験がありました~。あ、昨日の”新生”もそうなのかな。じっちゃんに委ね切るということ。(;.;)

七色の光とは、いわゆるマイケルの言う”神の意識の7つの光線”、体験の7つの局面、表現の7つの光線を指すのだろう。

そして、その上を私が素足で歩めるようにというのは、7つの局面のバランスを取りながら、やわらかく軽やかに進みなさい、ということなのだろう。

夢の中、555で示されたように、私にとって重要な変化のときが、、来ちゃった。アハ

「この世のはかなきものに未練を残さず」か~。。

でも、「飛び去ることもできず」か~。

そう、この世に未練は無くすけど、完全に去ることもしないのね。ハハハ、まさに昨日の新生で、飛び去ることができなかったのでした。ワタシ。分かりやす過ぎ。(..;)

この世を、人々を、見守り続ける。マイケルのように。マイケルが居るから。そばにマイケルが居るから、彼を見習いながら。

ということか。。

って、、けっこう大変じゃん! 話が壮大過ぎるよ、マイケル、兄ちゃん。(^^ )

でも、だからでしょうか、、昨日の預言カフェのじっちゃんのメッセージでは、

「貴女にとって大きな変化のとき。古きを終わらせて、(よく選んで)新しきを始めなさい。でも、私は、その変化が貴女にとって急カーブにならないように、穏やかなものに調整していきますよ」

ということでした。

おおいに、ホッ。

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP