アシュタール通信No.24-1&24ー2を発行しました「卒業試験とその後の進路」

アシュタール通信では、アシュタル司令官が毎回、日本人に向けて伝えたいことをお話しされ、さらに、私たちからの質問にも答えて下さいます。毎回、じっちゃん創造主も出てこられます。\(^▽^)/ 他のアセンデッド・マスターたちにコンタクトすることも可能です。

司令官/じっちゃん/マスターたちに質問のある方は、メールタイトルに「アシュタル司令官/じっちゃんへの質問」として、narudeko@gmail.com までお送り下さい。

アシュタール通信No.24-1 & 24-2「卒業試験とその後の進路」を発行しました。(ご購入に関しては、注意点をお読み下さい。)

(注: この録音で雑音が激しいのは、アシュタールさんのエネルギーです。(_ _))

先月の1st ステージ卒業で、じっちゃんには「卒業」と言ってもらって、私は卒業証書をもらいに行けるのかと思いきや、、いやいや、、卒業試験が待っておりましたヨ。(;.;)

試験問題は、、、、、

今の自分のリアリティです。

今、自分が日々、体験している現実です。

それを読み解く。

それは、成績表でもあります。

点数の足りない科目はないのか。

もし、自分の現実に自分が望まないことが起こっているとしたら、その裏には、自分のどんな信念体系が隠れているのか。

自分はどんな目的で、それを自分に体験させているのか。

隠れた動機は何なのか。それに気付くことができるか。そして、それを手放す決意ができるか。

これまでに学んできたコンシャスチョイスやアシュタール通信の教えをフルに活用できるかどうか、その実践が試されます。

これは、私だけの問題ではありません。

誰もが、これまでの幾多の過去世を通じて、あるいは今世で、”魂の癖”として持ってきてしまった思考や認識、行動の無意識のパターンがあります。

それを探し、見つけ出すこと。

それが、卒業試験です。

私のケースを参考にして、自分の問題に取り組んでみてほしいと思います。

1st ステージのそれをクリアにしていかないと、やはり、1st ステージにおいても卒業証書はもらえないと私は思っています。

さて、今回のセッションでもう一つ明らかになったことは、今後の個々人のタイムラインです。

私を例にとって。

”魂の底から信じている”リアリティが、具現化していきます。その方向に導かれます。

これも、自分は果たして何を信じているのか、振り返るきっかけにして下さい。

おまけ。。

私が、地雷を踏みます。ハハハ (..;)(^^ )

でも、そのお陰で、ツインフレームの真実が明らかになります。

そして、もし、私のことをうらやましいと思う方がいたら。。

こんな風に考えていただけませんか。

これから戻っていく高次元の世界は、このような世界なんだと。

このような愛にあふれた世界なんだと。

アシュタールさんのようなパートナーが、普通に、誰にでも、存在するんだと。

絵空事ではないんだと。

自分にも、、こういう世界が待っているんだと。

私たちの”ラブラブ”(^^ )は、、私たちだけに特別なものではありません。

あなたにも、、ある。

あなたにも、、待っている。

そこへ帰っていくために、、、学びの学校の3次元を卒業するために、、、

1つ1つ、2元性の世界で身につけてしまった幻想を手放して、本当の自分、本当の世界を思い出していくためのステップを、たどっていくんですね。

ツインフレームは、「別れなければ、出会えない」。再び出会う喜びを体験するために、何回でも別れます。

「忘れなければ、恋はできない」。一度忘れてしまわなければ、その人に新たな恋をすることはできません。

そんな贅沢を、私たちは繰り返している。(^^ )

それと同様に、

「光も、、、一度見失わなければ、、その尊さはわからない」。

「ワンネスの世界も、、、一度離れてみなければ、、その素晴らしさはわからない」。

何事も、、その反対を体験してみなければ、こちら側の本質がわからない。

それが、、地球で私たちが体験してきたことなのです。

自分は何者なのか、、私のケースを参考に、さらに深く宇宙へと、高次元の世界へと、意識を拡げてみて下さい。

この録音を通して。

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP