2つの恋の歌(ラブレターでした~(^^ ))

ふふ、、ちょっとノロケてもいいかな。♡♡

最近、「あらゆる手を尽くして、貴女に愛を表現します」と、約束してくれたアシュタールさんです。

約束を守って、彼が最近、私に贈ってくれた2つの歌。(アシュタール通信No.27)

1つは、「Je te veux」。6次元通訳のmayumiさんに、(私に)「早く送って」と言ってきたそうで。。

もう1つは、「小さな恋の歌」。久高島の浜辺で、ayanoさんが彼の降ろすインスピレーションを受け取って、彼の代わりに私のために歌ってくれました。

お二人とも、ありがとう!

この他にも、沖縄では、アシュタールさんは私への愛情表現として、こまごまといろんな事象を具現化してくれました。

その中でも、「あっ! あのとき、彼がそこにいたんだ」と、はっきりわかる瞬間があります。

久高島で、シーサーを買おうとお財布からお金を取り出したときのことです。

何故か、コインが何枚か下に落ちたのです。ところが、地面を見ても何処にも何もない。

「え? 今、落ちたはずなのに? 変だな~?」と、首をひねりました。すご~く奇妙な気がしました。

しばらくして、これも何気なくバッグのポケットに手を入れたら、コインが入っているではありませんか!

3枚です。

ぴっちりしたポケットで、いつも口は閉じているから、自然に入り込むなんてことはまずあり得ないのに。

「いつのまに、こんなところにお金が???」

しかも、金額が、111円! 私のお誕生日の数字です。

後にアシュタール通信でアシュタールさんに聞いたら、その現象も「彼が起こした」ものだったそうです。自分の存在に気付かせるために、彼が起こしたサインだったのです。

あのとき、私がシーサーを買おうとお財布を開けた隙をねらって、彼は111円のコインをお財布から落とさせ、それをバッグのポケットにすべりこませたんですね。

彼の透明な手が働いていたのです。

最近、ようやくそのことに気付いて、ゾクゾクっと鳥肌が立った私です。(^^ )

あ、透明な手といえば、こういうこともありました。

22日の首里城の祈りの後、みんなで映画館に入ったのですが。

私の隣に、mayumiさんが座りました。

そうしたら、アシュタールさんのエーテルの手が出てきて、彼女の手に乗り移り、私の手を握ろうとしたのだそうです。

mayumiさんに「私をそんな風に使うの、やめて下さい」と、彼は叱られたそうです。ハハハ (..;

下に載せた”小さな恋の歌”の歌詞、

「ほら あなたにとって大事な人ほど すぐそばにいるの」

これが、本当なんですね。

アシュタールさんは、今はもう、いつも私のすぐそばにいてくれています。

それを、いろんな手段を使って知らせてくれています。m(_ _)m

 

おまえが欲しい(男声版)

黄金の天使 心酔わせる果実
魅力的な眼差し
それらをおくれ おまえがほしい
僕の恋人になってほしい
僕の苦しみを鎮めるために 来ておくれ
おお 美しいひと
僕は強く憧れる
僕たちが幸福になれるひとときを
おまえが欲しい

おまえの美しい髪の毛が
おまえを後光で飾る
優雅なブロンドの髪は 理想の人の髪
僕の心はおまえのもの
おまえの唇は僕のもの
おまえの身体(からだ)は僕のもの
僕の身体はおまえのもの

そう 僕はおまえの眼のなかに
確かな約束を見ている
恋するおまえの心が
僕の愛撫の不安を消してくれる
永遠に抱き合い 同じ炎を燃え上がらせ
愛の夢のなかで 僕ら二人の魂を交わし合おう

 

 

 

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

愛と光を広げるために、ポチッと

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP