アシュタール通信No.31-1&31-2を発行しました「創造の手法を学ぶ夜の学校ー”ひるね姫”の二重世界」

アシュタール通信では、アシュタル司令官が毎回、日本人に向けて伝えたいことをお話しされ、さらに、私たちからの質問にも答えて下さいます。毎回、じっちゃん創造主も出てこられます。\(^▽^)/ 他のアセンデッド・マスターたちにコンタクトすることも可能です。

司令官/じっちゃん/マスターたちに質問のある方は、メールタイトルに「アシュタル司令官/じっちゃんへの質問」として、narudeko@gmail.com までお送り下さい。

アシュタール通信No.31-1&31-2「創造の手法を学ぶ夜の学校ー”ひるね姫”の二重世界」を発行しました。(ご購入に関しては、注意点をお読み下さい。)

今回も、とってもワクワクするセッションでした。\(^o^)/

私がずっと、じっちゃんたちに望んでいたこと。

それは、映画「ひるね姫~知らない私の物語」(アシュタルコマンド監修です。(^^ ) インスピを送ったそうです。)のように、夜眠っている間に戻る上の次元(エネルギー体の世界)と、目覚めている間に体験する肉体の世界、その両方の次元で起こる出来事を顕在意識で認識したい。

つまり、眠っている間に、自分は上の次元に戻って何をしているのか、それをクリアに知りたい。

今回、アシュタールさんが、私のその長年の望みを半分くらい叶えてくれました。

(全部ではないけれど。(..;) 私が眠っている間に体験している世界を、思い出せるようになったわけではないけれど。)

眠っている間に何が起きているのか、私は上でどのように過ごしているのかを、彼は見せてくれたのです、今回のセッションで。

とてもとても面白い世界でした!

肉体をもたずに意識だけで生きる世界とは、こういうことなの!

こんなことを、私たちはしているの!

今回見せられた、私が上で体験していること、その一つ一つはまるでファンタジー界の出来事のようだけど、実はとても深い意味を持っています。ただのおとぎ話ではなくて、今回見せられる一つ一つの体験が、意識の世界で生きるときに何が起こるのか、私たちは何を習得しなければいけないのか、それを示しています。

これを見せて、じっちゃんとアシュタールさんは、来たるべき次元上昇に備えて、私たちに準備をさせたいのだろうなあ。。

主人公は私ですが、いつもの通り、私は一つの例として見て下さい。

あなたも、このアシュタール・ドラマの主人公です。

”光を発するようになった”すべての人たちが主人公です。

アシュタールさんの頭の中で、”緻密に考え抜かれ、計算された”ドラマです。本当にすごい。(^^ )

そして、深い深い、じっちゃん作の寓話が続きます。

これも、”創造の喜び”という観点において、上ばかり見てきた私たちに今のタイミングで聞かせたい、じっちゃんからの重要なメッセージになっています。

地球の今後のタイムラインや、ツインレイ/ツインフレームの在り方についても、私たちを例にとって、二人の多次元体の関係は? 二人はどのような魂の道をたどるの?等、アシュタールさんに質問しています。

私のブログに来られる方はほとんどがスターシードだと思いますが、いよいよ、本当の自分を知り、この先どう歩むべきかも自覚する、つまり目覚めている状態から、実際に歩き出す段階に来ましたね。

2019年は、特にスターシードにとって、大きな大きな意味を持つ年になります。

「私たちは何のために地球に来たの?」、それを思い出す年です。

小さな個人の枠を抜けて。

置かれた場所での”精神面のリーダ-”として。

追伸; あ、学校では、ワタクシめは、AAマイケル様とAAルシフェル様に非常に非常にお世話になっているようです。(^^ ) ありがとうございます。

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP