夢れぽ:その人のリアルな感触2

笑っちゃうような話なんですが。

そんなこと書くか、、という話なんですが。

どうしよっかなあ。

面白かったので、やっぱり書いちゃおう。

夢ではないんですけどね。でも、似たような領域だから。

昨日、アシュタールさんと波動を合わせる瞑想をしていました。

様々に色が変わる光の海の中で、彼も私も身体が透明になり、溶けてしまって、長々と同じ光の中に浸っていました。

ところが、瞑想がそろそろ終わろうという頃、いきなりビジョンが変わって、とんでもない映像が飛び込んできました。

まず、女性の腕が見えたんです。赤いマニキュアをしていたので、女性の腕だとわかりました。

そして、そのすぐ上に、男性の腕が重なったんです。やさしくそっと女性の腕を包むようにね。上から、女性の手を握るように。

そのビジョン自体は良かったの。ステキだったのですが。

ところが、ですよ。。

ところがね、、上に被さった男性の腕がね、、、

ものすご~く、、、

キラキラと、、、

モフモフと、、、

、、、

、、、

、、、

毛深かったんですよ~~!!

そう、よくある欧米人の男性の毛むくじゃらの腕です。

金色の長い産毛がふさふさっと全体に生えていて。

私は思わず、瞬間的に、

「キャー、、イヤあ~~~」と、叫んでいました。(瞑想の中で、ね。(^^ ))

毛むくじゃらの腕はイヤなんです。好みじゃないんです。ショックでした。

いくらアシュタールさんでもね~! (^^ )

どうやらそれ、彼のおふざけだったみたいです。

二人が一体になる瞑想をして、最後に「上手くできたよ」というメッセージを、リアルに重なる二人の腕のイメージで伝えてくれたのは良かったのですが、ちょっとふざけて、毛むくじゃらの腕で見せた。

私はびっくりしたというか。吹き出したというか。

彼はまあノルディックだから、腕に金色の毛が生えていてもおかしくはない。。けれど。。

(え? 胸毛も?)

イヤだ、、剃ってもらおう。。

彼、、冗談が好きなんですよねえ。(..;)

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP