豊穣ワークが目覚めさせる集合意識。あなたの立ち位置は?

私の意識の変化は今、ものすごく速いのです。「貴女は地球と一緒にどんどん変化していくことを選んだ。同じところにとどまることを選んだ人、ゆっくり行くことを選んだ人とは離れていく。そういうことが今後ますます増えていくよ」、アシュタールさんの言葉です。私の価値観が次元上昇に向けてどんどんシフトしていく今、それに違和感を持つ人、それを心地良く感じない人が増えてくるとしても、仕方のないことかもしれません。

~~~~~~~~~~

待っていたメールが届きまして、これからやっと”豊穣”に関する最後のワークができます。これは、紙上で行います。

今回の豊穣ワークで、参加者の名前をずっと見ていて、面白い現象に気が付きました。

これまで私と一緒に歩いてきて下さったベテラン、セッションもミッションもワークも皆勤!という感じの超ベテランの方々のお名前が見当たらないのです。”ライトワーカー”としてはとても進んだ意識を持っている方々です。

そのうちの一人から、先ほどメールをいただきました。中にこのようなことが書かれてありました。(見せるお役目、ありがとうございます。m(_ _)m)

「私、最初のブログで「豊穣ワーク」の記事が出たとき、「 参加費を払った人だけが豊穣を受け取れる?」という疑問を持ってしまって足踏みしていました。もっと沢山の方が参加できる、参加し易い金額とか、 いつもの集団瞑想ではダメなの?? みたいな(‘ω’)  きっとこれも、「ライトワーカーは清貧であるべき」 という枠だったり、ブロックだったりするのかも知れませんが。ジャッジもですね。」

そうです。その通りです。それこそ、上のチームと私が今回のワークで取りたい、取ってほしいと願ったものです。

他者奉仕の意識が強い人の中に、とりわけこのような疑問を持たれた方が多かったのではないでしょうか。

数ヶ月前の私なら、いつもの通り無料の誘導瞑想にしたかもしれません。皆さんは、私がエネルギーを使って無料で瞑想動画を作るの、当たり前だと思ってらっしゃいますね。

あるいは、もっと軽い内容にして、999円くらいの安い料金にすることもできました。

しかし、「それは違う」と、上のチームがささやきます。

安い料金にすれば、”豊穣”という言葉に多くの人が殺到してくるのは目に見えている。

私のzoomの許容人数は100名です。それを超える人が来ると、私は、私のワークを受け取るのにふさわしい人を見出せなくなります。私たちの今回の目的は達成できなくなります。

これをふるい分けだと思いますか。

そうかもしれません。

しかし、上のチームが参加者を選別するとしたら、あくまでもその基準は、「今、それを与えることがその人のためになるかどうか。その人の成長に役立つかどうか」の視点です。

そこで、私はゲートを設定することにしました。それが、8888です。

本当に私と上のチームの共同ワークを受けたい人、8888の価値を認めてくれる人、「そこまでしても、必ずその後、学んだことを自分の人生に生かそう」という覚悟をもって来る人だけが通れる門にしました。

金銭に関する切迫感、つまり「今、お金が無いから何とかしたい~」という人の駆け込み寺ではなくて、美・愛・金銭の豊かさ、その全体をバランス良く目指す、心に余裕のある人たちに来てほしかったのです。

結果的に8888円で88名となりましたが、それがベストだったのです。采配したのはじっちゃんです。

厳しいですか? 私の意図は?

その代わりに、私は、今自分が持てるすべてを注ぎ込み、上のチームの全協力も仰ぎ、今私たちにできる最高最善のワークを造り上げました。8888は、私が注いだエネルギーに対する正当な評価だと私は思っています。結果、じっちゃんからは、「100点満点のワークだった」というお言葉をいただきました。

私は少し前から記事で書いている通り、この7月に、とてもわかりやすい形でリアリティを大きくシフトしました。良く言えば、段階を1つ上がりました。

その私にとって、”豊穣”とは、これまでとは別の意味を持っています。

無料のばらまきで、真の”豊穣”が配れるとはもはや思いません。”豊穣”とは他から施されるものではなく、自分自身で創り出すものです。その力があることに、自分がその力そのものであることに、もうそろそろ私たちは気が付くべきです。

「自分自身を知り」「自分自身で在る」段階に入ったとき、自分を愛するとはどういうことなのかが真にわかるようになったとき、”豊穣”は、あなたにとってまったく別の意味を持ってきます。

・スピリチュアルな者は清貧でなければならない。

・自分を消耗させても他者奉仕に励むべき。

・お金は人を堕落させる汚いものである。

このような信念体系の牢獄が、多くの善良な人々を二元性の世界、ジャッジメントの世界にとどめ、必要のない忍耐と不満のスパイラルから抜け出るのを妨げています。

そして、横並びで安心している人々は、そこから抜けていこう、自力で上がっていこうとする者に嫉妬します。

そのことがまた、その人自身の、そして地球全体の波動を下げているのです。

私が豊穣に向かうとしたら、皆さんは嫉妬しますか? 私に嫉妬しますか?

将来、アシュタールさんが降りてきて私たち二人が豊穣の中に暮らすようになったら、それを見て、皆さんは嫉妬しますか?

その自分の心を見て下さい。

何が、自分にそのように感じさせるのか、自分の心の奥底を見て下さい。

同じジャッジメントを自分に対しても持っているはずです。”その害の方が大きいのです”。

実は、それを取るのが、今回のワークの大目的だったんですね。実は、そのような人ほど、このワークの受講者にふさわしかったのでした。(^_^)

私は敢えて、皆さんにチャレンジしました。

参加しようと思い参加した人、

参加したかったけど参加できなかった人、

参加できたけど参加しなかった人、

まったく興味がなかった人。

自分は何を選んだのか、その選択が今の自分に必要な”気付き”をもたらすという意味で、すべては最高最善です。

「自分自身を知れ」を過ぎて、「自分自身で在れ」の段階に入ってくると、自分に”豊穣”を与えることの重要性がわかってきます。自分自身が”豊穣”にならなければならない、その理由がわかってきます。

そして、薄っぺらな博愛主義、一方的な他者奉仕は、相手の潜在能力を見くびること、成長の機会を奪うこと、その問題点もわかってきます。

本当に自分が取り組まなければならないのは、自分自身です。

そして、アセンションのゴール、メルクマールは、真の”豊穣”と言い換えてもよい。

堂々と、本来の自分の所有物として真の”豊穣”を手にしていくのが、アセンションする人々の姿です。

もちろん、真の”豊穣”とは、経済的な豊かさのみを指すのではありませんね。

お金のある無しは、豊穣の指標にはならない。

あっても、無くても、心が豊かであれば、あなたは”豊穣”です。

お金を持つことにも、持たないことにも、持つように努力することにも、持たないように努力することにも、抵抗を無くす。ジャッジをやめる。

お金にまつわるどんなジャッジメントも無くす。それが、お金の支配から抜けるということです。

清貧も強欲も、どちらも私たちにふさわしくありません。

真の”豊穣”とは、心の豊かさです。ラクシュミ女神の言葉です。

そして、心の豊かさが暮らしの豊かさに直結するのです。

私たちが、本来の「自分自身で在る」とき、”豊穣”は、全員がじっちゃんから受け取るギフトです。

それを受け取るかどうかは自分だけで決めればいいこと。

他を見る必要はありません。

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP