「過去の悲しみを手放せないでいる人、知らなくて手放せないでいる人を救ってあげてほしい」2019-8-21祝祭セッション・レポート

創造主は、何故このセッションを私たちに見せたのか、この事実を教えたのか、その理由を以下のように解説して下さいました。

「過去の悲しみを手放せないでいる人、知らなくて手放せないでいる人をなるでこさん、救ってあげて。

知らないでいる人がいっぱいいるから、出会いがちゃんとあってその人が(なるでこさんのセッションに)来るから、癒してあげてね。

最高最善のときにその人にとって最高最善になるように、ちゃんと来るようにするからね。

そして、オシリス、イシス、ホルスの3人が幸せにいるんだよということを(今回のシェアで)知るだけで、癒される人もいっぱいいるから。このクライアントみたいに当時関わった人とか。

それも見えないトラウマというか悲しみなので、それを知るだけでも救われる人がいっぱいいますよ。

(彼らはすごく慕われていたので、多くの人が当時、悲しんだそうです。)」

先日、アセンション・ニュースレター“ハートの贈りもの5D” コンシャス・チョイス(No.119 2019-7-30)で、私(なるでこ)自身のアスペクトのリトリーバルをシェアしました。

2019-7-18 祝祭セッション”悲しみの原体験—私の古代エジプトストーリー”です。

このときのセッションで、深い深い悲しみの沼に沈んだまま、私自身のその後の地球での転生のすべてに影響を与えていたアスペクトを救出したので、これでもうその話は終わりか、、と思っていたのですが。

その2がやってきました。2019-8-21の祝祭セッションです。(;.;)

当時の別の関係者が巻き込まれていました。

他の方のアスペクトが、このときの出来事のせいで光の故郷に還れずにいたのです。何とまあ。。。

驚きを通り越して、涙、涙です。

続きはこちらです。録音もシェアしています。

S.K.さん、光のバトンリレー、ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP