「役行者のメッセージ」2019-6-2祝祭セッション・レポート

ヒーリングルーム祝祭で、「役行者のメッセージ」のセッションのクライアントさんの感想レポートを掲載しました。

H.W.さん、光のバトンリレーのご協力、ありがとうございます。m(_ _)m

その記事でちょっと付け足して書いたことですが。

・・・・・ やはり、2019年、2020年は大きな区切りの年になります。

ただ、「2020年がゴールなのか」と不安を感じている方もおられるようですが、2020年に「ゲートが完全に閉まる」のではありません。

ゲートに入るかどうか、つまり自分は次元上昇をしたいのかしたくないのか、自分自身の進む”方向性がほぼ決まる”時期、と考えていたらよいと思います。

それ以降も進行方向はチェンジできるのですが、そのためにはより多くの労力を要するようになります。自分が引き寄せられる波動(つまり自分に近い波動)、引き寄せられるリアリティがどんどん固まってくるので、そこからあらためて抜け出すためには、加速度的に大きなエネルギーを必要とするようになってくるのです。

そのため、今の時期がとても重要だと言われるのです。

今まだ動きやすいうちに、意識的に自分の波動をできるだけ軽くして、次元上昇に向けてはっきりと狙いを定めましょう。

それでは、感想レポート、こちらからお楽しみ下さい。

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP