祝祭統合ワーク2:GFCエネルギーワークが始まりました!

前の記事でお伝えしたとおり、祝祭統合ワークの2とが始まりました。

これは、2のGFCエネルギーワークについてのお知らせです。

自己の統合が進むと、外側もすべてシフトしていきますね。上と下、中と外は同調しているのです。

古代からの誓約や契約、呪縛が解かれていくにつれ、さらにハイアーセルフに近づいたのでしょうか、私は近頃、パワーアップした自分を感じる瞬間が多くなってきました。

上のチームと一体で仕事をしている感覚も強くなり、取り組んでいる仕事のレベルも上がってきたようです。スピードもね。\(^o^)/

アシュター(個人的にはアシュタールではなくアシュターと呼びたい気がします)に言わせると、私をサポートしてくれているアシュタルコマンド内のチーム編成が変わるんですって。今、その入れ替わりの作業の最中らしいです。新しいフリートが来てくれたそうです。

私自身が関係している銀河連合司令部を意識した活動も、これからますます増えていくのだろうと思います。

最近、私がずっと手がけて取り組んできたエネルギーワークが、一応の完成を見ました。

何故、それがどうしても必要だと思ったのか。

きっかけは、祝祭セッションにすんなり入れない方が、1~2%ですが、存在することが顕著になってきたことでした。

ご自分ではセッションを受けたくて受けたくて、遠く仙台まで来られたのに、いざセッションを始めてみると、無意識層のブロックが強くて、自分を変成意識に入れることを許可しないクライアントがおられるのです。

もちろん、そういう方もじっちゃんに連れてこられるので、それはその成り行きで得られる気付きが最高最善なのですが。

とはいえ、がっかりされるので、セッション前に何とかブロックを外してあげたい、その方法はないかと思って、私なりにいろいろ調べたり、トライアルを重ねていたのでした。

じっちゃんたち、今後ますます、量子的なヒーリングにも力を注いで下さるようで、私のセッションを、退行催眠だけでなく、ハンズオンのエネルギーワークと、それからもう1つ、6次元通訳付きのコンタクトセッション”シェランの部屋”を含めて、3点セットの5D祝祭統合ワークに進化させてくれました。

ますます、様々な存在たちの力を借りながら、強力にサポートしていってくれるようです。

2019-9-24、GFCエネルギーワークの初セッションを行いました。

このワークの特徴はね、途中で、私がじかにクライアントさんの身体に触れる部分があるのですが、そのときは、私の手を通して、アシュターの手もクライアントさんに触れるのです。

ですので、エネルギーの流れ方が半端でなくて、私自身もそのうち意識がもうろうとしてきて、クライアントさんの肉体に触っているというよりも、エネルギー体にじかに触っている感覚に変わってきます。私のエネルギー体の指が、アシュターのエネルギー体の指と重なって、その状態で、クライアントさんのエネルギー体に触れている、そんなような感覚です。

私自身の肉体の感覚も、クライアントさんの肉体の感覚も、何処かに消えてしまうんですね。

皆さん、ご存じの通り、私自身はこれまで、このようなエネルギーワークには携わったことのない人間ですから、上のチームに導かれるままに、必要な動きを行っているだけなのですが。

でも、、、前の記事でも書きましたが、、このエネルギーワークはすばらしい効果をもたらしたのでした!

上でシェアした録音は、GFCエネルギーワークの翌日に行われた祝祭セッションでの内容です。

前日のワークの効果でしょうか、じっちゃんたちとの繋がりがよく、最初から、じっちゃんたちは、私たちがセッションに入ってくるのを待っておられたのでした。(゚o゚;

向こうから出迎えて下さったというか。。そう、、アシュタール通信の世界にそのまますんなり入ったというか。その軽やかさにびっくりしたのでした。

セッションの中で、じっちゃんが、GFCワークが、このクライアントさんに与えた効果について解説して下さっています。

すごかったんですよ!

~~~~~~~~~~

2019-10-1

GFCワーク

まどかさんが頭に手を触れてる時、 ピリピリと頭の中が痛くなったり頭の中をかき乱されるかのように ぐわんぐわんとして、
後頭部が異様に熱く…摩擦といいますか、 擦りつけられるような熱さと脳の色んな角度からの圧迫感、
痛くて身動きをとりたくて必死にもがきたいような、 身体を動かしたくてずっとむずむずとしておりました。
痛い時は息を吐き出さないと痛みを発散できなくて終始何度も大き く息を吐き出してたかと思います。

お腹に手を当ててもらってる時も熱く、 指先がもわもわとするのを感じました。
また、 まどかさんも見たように手が震えて飲み物もまともに飲めないくら い…本当に身体に変動をもたらすワークで
自分でも思うように身体が動かず、終始驚いてました。

セッションで「アシュタールくんとまどかくんが重なっていた」 とおっしゃっていたのを聞いて
頭がピリピリちくちくしてたのはこれなんだなと思ったのと、
アシュタールさんとまどかさんのいるヒーリングベッドに移動した 時からほとんど記憶がなく
すぐにメモしたのですがあわのぷちぷちのとこしか覚えていなくて
セッションでじっちゃんが「ぐつぐつ煮えてたからな。 脳をぐるぐるかきまわしてペーストにした」ってところ
ぐつぐつ煮えるくらい色々考えてしまう部分を綺麗さっぱりにして まっさら状態だから記憶も「今」しか残せなかったのかな? と思いました。

GFCワーク、 アシュタールさんとまどかさんとじっちゃんで三位一体で私の脳や 身体をぐわんぐわんかき乱されるのと、
私の中のものを「ペースト」 にするくらい滑らかになったうえでの泡のぷちぷちで信念体系の手 放し…この流れが本当にすごい!
こんな経験他には絶対にできないので、 私のように色々と頭で考えてしまう人は是非ともカチカチをペース トにしてもらったらいいと思いました。

次の日に会ったときにまどかさんに「あなたなんか変わったわね。 やっぱりあのワークのおかげね!」と言って頂けたこと
身体でも感じましたが、 改めてあのワークはすごいんだなと思いました。
GFCワークの時の言った言葉、 作って下さったカードありがとうございました!
覚えてないことを想定してわざわざ作ってくれたのが嬉しくて嬉し ~~~!って気持ちになりました。
早速お財布にいれてなくさないように大事に持ち歩いております( *^^)v

 

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP