これが、アテナの銀河連合司令部でのシップです

(最高最善の地球の未来のために。創造主の愛とアシュターの光を人類の集合意識に広げていきましょう!  1日1回ポチッとお願いします。)

私のサイトに古くから来られている方には、おなじみの写真だと思いますが。

これは、2014-8-20 の夜、私が自宅上空で撮影したものです。

当時、ドロレス・キャノンさんの長女で、チャネリング能力者のジュリア・キャノンさんに見せたところ、「貴女のシップです」と、言われました。

実際には、このように撮れました。私は多数、オーブを撮影するので、この晩もオーブを撮影していたら、中の1枚に写り込んでいたんですね。

現在では、これは、私のハイアーセルフで、一般にアシュターのツインフレームとして知られているアテナのシップであることが判明しています。

彼女は、私の多次元体の1つですが、常にアシュターと一緒に彼の母艦にいるアスペクト(今のまどかが最もそれに近いそうですが)というよりも、もう少し高い次元で、銀河連合司令部に所属して、アテナとして自分のシップを持っています。

私はこれまでずっと、自分の銀河連合司令部(GFC)での位置を思い出していなかったのですが、少し前にアシュターからそのことを告げられ、それ以来、急速にGFCとの関係が深くなっています。

この私のシップの名前は、ホワイト・ダブ(白い鳩)です。

拡大してみれば、エネルギー体で、一部はメビウスの輪みたいな、アンクの輪みたいな形をしており、ここでも、古代エジプトのイシスとの関連がうかがえます。

アテナもイシスも、シリウス出身の意識体で、地球では古代に女神と呼ばれた多数のアスペクトを含むオーバーソウルグループの一員です。そのグループ全体を代表する名前が、日本でいうところの瀬織津姫です。私はそのグループから肉体を持った現代の転生者で、全員が、私のハイアーセルフということになります。(はじめに必読に詳しく書いていますね。)

そういう経緯があって、2014年の夏、ちょうど私が祝祭セッションを始めようという直前に、まあ、ご挨拶代わり、私の覚醒記念?!に、私に姿を見せてくれたのだと思います。上の私が下の私に会いにきてくれた、そんな感じでしょうか。(^_^) そして、偶然を装いつつ、私が写す写真に収まってくれたんですね。

私は、このような偶然を装ったミラクルをたくさん体験しています。

シップを持っているといえば、女神系ではない私のアスペクトには、かつて宇宙戦争で活躍していたシリウスの男性艦長もいますし、プレアデスのシップの女性艦長もいると聞いたことがあります。現在は常時、西日本上空に滞空しているのだとか。

私もアシュターも多次元体として、多くの次元、時空にたくさんのアスペクトを持っているのですが、彼は目下、地球人に対しては、アシュターとしてほぼ統一した名前を使っているのに対し、私は地球に降りて肉体を持った今の自分を含め、別の名前のアスペクトをたくさん存在させているようです。

まあ、自分では、そう聞いても「そうなんですか? そんなことまったく知りませんでした!」状態なんですけどね。いつも。(^_^)

上のチームは、順番を考えつつ、多くの人、多くのセッションを介して、私に私自身に関する情報を降ろしてくれるのですが、聞くたびにびっくりしています。

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP