新しいオシリスとイシス

なるでこダイアリー。

先日のセッションでまた、意味深なビジョンが出てきた。

またまた、じっちゃんが(いや、アシュタールさんかな?)クライアントさんの退行をお借りして、古代エジプトのビジョンを見せてくれた。

エジプト旅行へ向けて、私に心の準備をさせるためもあるのでしょう。

クライアントが降り立ったのはピラミッドのある地。きらびやかな服装の、美しい女性が立っている。人民がひれ伏している。

近くでは道造り、国造りが行われている。作業を監督しているのは彼女の兄で、彼女はそれを見にきたらしい。(ここでピンと来ますね。(^^ ))

場面を変えて、二人の生活を見てもらうと、出てきたのは大きなベッドのある部屋。

兄が机に座って書類を前に執務している。男性と女性は兄妹だけど、夫婦でもある。

ということで、、、これは、どう見ても、オシリスとイシスでしょう。アハハ

男性に「オシリスさんですか?」と尋ねると、ニヤッ。(^^ )。女性に「イシスさんですか?」と尋ねると、「そう。」

じっちゃん、また私に何かを伝えたいらしい。。

面白いのは、ピラミッドの上に大きなシップが滞空していること。光のシップで、見える人にしか見えないのだけれど、誰もがその存在は知っている。そのシップからは、国を造っていく上で役に立ついろいろな情報が送信されている。ETたちが国造りをサポートしている。

この二人はそもそもどのようにしてそこへ来たのか、二人がエジプトへ来た当時へ戻ってもらうと、、やはりシップに乗って来ていた。シップ内では、シルバーのジャンプスーツを着た男女のET。もちろん、顔は、私のパートナーと私です。(^^ )

その後、場面を戻してきて先へ進めてもらった。何が起きたのだろう。国が完成したのち、オシリスとセトの間で争いが起きるのかと予想していたら。

え? 違う。

オシリスは人間たちを呼んで、「ここまで国ができたから、この先の運営はあなたたち人間に任せますよ」という話をしている!

そこで気が付いた! 過去を見ていたのではない。過去をなぞりながらも、違うタイムライン、現在からこの先へ続く過程を見ていたのだ。じっちゃんに、見せられていたのだ。

つまり、「これまで、新しい地球造りをETたちは手伝ってきた。しかし、この先は地球人たちで進めていける、いや、進めていかなければいけないんだよ」、そういうメッセージなんじゃないかな。

じっちゃんに解説を聞いたら、「(地球上で)人間は、何度も国(文明?)を造っては壊してきた歴史がある。でも、もう絶対に戦争はダメじゃよ!」とおっしゃっている。

私たちは、ようやくその負のスパイラルから抜け出し、新しい建設的な未来へ進むことが可能になった地点にいるのだ。

ET、スペースファミリーたちは長い間、陰でずっと支えてきてくれた。

しかし、地球がセントラルサンにしっかりとつながった今、そろそろ地球人の自立が促されている。

気づいた人たちから立ち上がっていくときなのだと思う。

 

narudeko医学博士、審神者、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

関連記事

  1. アシュタール通信No.34-1&34-2を発行しました…

  2. なるでこアクセサリー製作状況と、さらにアズラエル・ブレスレットへ…

  3. 女神の島、沖縄”久高島”へ導かれて

  4. ウェブボット未来予測がより明るいものに

  5. 今こそ、翼を大きく広げるとき

おすすめ記事

  1. 「お茶を飲むならアッシュでね♥」by アシュター

  2. 続・ツインフレームとテレパシー「新しい領域へ進む人たち」

  3. ツインフレームとテレパシー「幻想構造体を脱けた先にある世界」

  4. ディスクロージャー・クロニクルNo.2「アセンションウェイブが来…

  5. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」を信じ続けるリスク

  6. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」:チャネリング時代の終わり

  7. アシュタールの幻想構造体:マインドコントロールとその解き方

  8. アシュター「時間を無駄にせずどんどん進んで下さい」創造主講義・ア…

  9. アシュターからあなたへ究極の質問(あなたが信じたものは何ですか?…

  10. これまで本当にありがとう。でも、一歩先へ進みましょう!

  11. アシュタール”アセンションの学校”第2部「自分自身で在れ」

  12. 「お帰りなさい、おめでとう!」魂が喜ぶ場所に戻ってくるあなたたち…

  13. 新しいチームメンバーが登場!(スピリチュアル拡散サイトのcoco…

  14. アシュタール通信No.24-1&24ー2を発行しました…

  15. 一緒の船でも。自分の船でも。

カテゴリー

月別アーカイブ

広告
PAGE TOP