夢れぽ:コンタクティ候補のグエンさん

2/4追加; わかりました。謎が解けました。グエンさんが何者だったか。昨晩、瞑想中に、アシュタールさんとグエンさんが出てきて教えてくれました。彼女、私のアスペクト、過去世の一つだそうで。ペルーと言ってましたから、私は古代アンデス文明にも居たのでしょう。ベトナムも出てきたので、ベトナムの過去世も持っているのかな。いずれにせよ、グエンさんは当時、巫女やシャーマンのような立場で、チャネリングが得意だったらしいです。「その能力を、あなたにダウンロードしに来たの」と、前の晩、夢に出てきた理由を教えてくれました。そう言って、何やらリアルにエネルギーをダウンロードしてくれたのですが、脳の左半球にビリビリと小さな電流が流れました。この電流が流れるみたいな感覚って、アシュタールさんの○○もそうでしたし、それからコンシャスチョイスNo.113でシェアする予定の録音の中で、イシュタルさんのエネルギーが来るときはビービーという信号音が入っており、彼らのエネルギーを私は弱い電流のように感じるみたいです。グエンさんがチャネリング能力をダウンロードしてくれた後も瞑想を続けましたが、彼女やアシュタールさんとのテレパシー?での会話がとてもクリアになった感じがしました。ありがとうございます!

意味はわからないけど、とにかく記録しておこう。

今朝の夢。

~~~~~~~~~~

レストランのテーブルに座っている私。

そこに、「グエン」さんという名前のウェイトレスさんがやってきた。

私の前に座って、履歴書みたいな紙を差し出す。

左半分には彼女の履歴が書かれている。「右側に、貴女の履歴を書いてくれ」と言う。

彼女は、アシュタール通信のコンタクティ候補なのだ。試しにやってみたら、いとも簡単にチャネリングしてくれた。(という設定に、この夢の中ではなっている。)

彼女の履歴を見ると、

もともとの出身がペルー。つまり、ペルー人なのだ。そして、ベトナムで働いた後、日本に来たらしい。

彼女はそう、ちょっと外人ぽいけど、日本語を上手に操る。

場面はそこまで。

でも、私は夢の中で「あ、これは、こないだの話の続きだ」と、気付く。

でも、「こないだの話」とは「こないだの夢の中での話」であって、「現実の話ではない」のだ。

そして、どんな話だったのか、どうしても思い出せない。

~~~~~~~~~~

という夢でした。

夢の中で、これは夢だとわかっている状態って、時々、ありますよね。

さて、グエンさんとは、いったい何者なのか? 前にも、夢で会っているらしいのだけど。

夢の世界で、いったいどんな話が進行しているのか?

う~~む、、謎だ。

 

 

narudeko医学博士、審神者、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

関連記事

  1. 陰陽の陰を使って大きくなるとき:二元性の超越へ

  2. 愛が引き寄せる具現化その1

  3. 11月にエジプト、イシス神殿へ

  4. 「神仏のなみだ」神様や眷属たちのお働き

  5. PCのいたずら、UFO、時間の伸び

おすすめ記事

  1. 1月12日、光の津波と大移行!

  2. 女神の魔法の始まり:”想像=創造”はいよいよ本番へ

  3. 2020. 1. 11 新生エネルギー導入ワークの成果!

  4. 魂の系譜:まどか・シェラン・ルシェリの世界

  5. アシュタールの真実7:ディスクロージャーから始まる「地球人から銀…

  6. アシュタールの真実6:アシュタールジュエリーって本物ですか?

  7. 2020年、おめでとうございます!

  8. アシュタール・オンラインワークの舞台裏「2019デトックスワーク…

  9. ディスクロージャー・クロニクルNo.3「アシュタルコマンドシップ…

  10. 重要:ハイアーセルフとの統合を進める時期が来ている

  11. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」を信じ続けるリスク

  12. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」:チャネリング時代の終わり

  13. アシュタールの幻想構造体:マインドコントロールとその解き方

  14. アシュター「時間を無駄にせずどんどん進んで下さい」創造主講義・ア…

  15. アシュターからあなたへ究極の質問(あなたが信じたものは何ですか?…

  16. これまで本当にありがとう。でも、一歩先へ進みましょう!

  17. アシュタール”アセンションの学校”第2部「自分自身で在れ」

  18. 「お帰りなさい、おめでとう!」魂が喜ぶ場所に戻ってくるあなたたち…

  19. 新しいチームメンバーが登場!(スピリチュアル拡散サイトのcoco…

  20. アシュタール通信No.24-1&24ー2を発行しました…

  21. 一緒の船でも。自分の船でも。

カテゴリー

月別アーカイブ

広告
PAGE TOP