2020年に向けて~2019春のハイアーセルフ・メッセージ

アシュタールマイケル(ミカエル)に続いて、私のハイアーセルフが出てきてくれました。

女神たちの集団、私のオーバーソウルグループが来てくれたようで、その代表者のメッセージです。私の感覚では、イシスさんではないかと思います。女性性の解放・イシスの魂解放のミッションが思い浮かびました。あ、でも、総体と言っていたので、グループ代表の瀬織津姫様かもしれません。

ハイアーセルフから私に:

2019-4-7

「私にとって、やっとこの中から目を覚まして表に出るときが来ています。今までは、決まったエリアの中で目を見張らせていることが精一杯で、また、そこを知っていくことが大切な、優先されたミッションでした。これからはこのエリアを抜けて、さらに大きな視野をもって様々な出来事・物事を見つめていく段階へと入ってまいります。

私がこうしてこの地球に降ろされたのには意味があり、宇宙からの光源のエネルギーを私という肉身を通してこの地球へと送っていくこと、それを役割としてやっているのです。この光源からのエネルギーを感知できる者というのは、そこに意識をしっかりと向けられる者でなければなりません。一般の存在には不可能なところでもあります。もちろん一般の存在たちもそちらへ意識を開くことができれば可能ですが、今現在の地球にはとても少ないです。

私がこれからやる役割というのは、本当に昔から約束されたものです。私はその約束を守りにこの地球に降りました。そして、あなたという肉身を動かして、私はこの地上にて私自身を顕現せしめ、表現していくということをしています。これからもしていきます。これまでよりも、より活発にしていくことが大切になってきています。

何故なら地球の転換期だから。地球もこれからどんどん自分を表現していくでしょう。地球の魂はバネのようにとてもとてもしなやかで、屈託のないピュアなエネルギーも持ち、この宇宙に微笑みを投げかけています。どうかこの地球をいじめないで下さい。そう、私たち人類に語りかけていることを聞く必要があります。この地球のアセンションがひいては太陽系、そして銀河系のエネルギーの周波数の同調とそのアセンションへと貢献していくでしょう。

問題はあなた一人の問題ではなく、全体としての問題へとどんどん切り替わっていきます。それゆえ、個人において起こる出来事というのは急速にどんどん早まり、そして次々に展開していくでしょう。どうかそれに振り落とされないように、しっかりと自分の上に立って、自分を保って、銀河と宇宙とつながっていて下さい。

私はあなたと共にあります。あなたは私の一部であり、私はあなたの一部です。女性であることに歓喜をして下さい。女性であるがゆえに、その器に入っているがゆえに受け取れる幸せがあります。それを存分に生かして、このまましっかりと地に足を付けて生きて下さい。私はあなたと共にあります。いつまでも共にあります。

(kaoriさんより: 名前がわからないほど多くの女神の総体が、ぶわっとメッセージを降ろしていました。)

 

 

narudeko医学博士、審神者、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

関連記事

  1. 新しいチームメンバーが登場!(スピリチュアル拡散サイトのcoco…

  2. 新生のための破壊の今:魂を導き、悲しみを連れ去る大天使アズラエル…

  3. アシュタール通信No.3を発行しました

  4. 急遽、マウント・シャスタに行くことに!

  5. 天命を知る第一次覚醒、その先は?

おすすめ記事

  1. ディスクロージャー・クロニクルNo.2「アセンションウェイブが来…

  2. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」を信じ続けるリスク

  3. 夢れぽ:列車を降りる人々

  4. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」:チャネリング時代の終わり

  5. アシュタール・ディスクロージャー「地球人へのメッセージ:たとえ大…

  6. アシュタールの幻想構造体:マインドコントロールとその解き方

  7. アシュター「時間を無駄にせずどんどん進んで下さい」創造主講義・ア…

  8. アシュターからあなたへ究極の質問(あなたが信じたものは何ですか?…

  9. これまで本当にありがとう。でも、一歩先へ進みましょう!

  10. アシュタール”アセンションの学校”第2部「自分自身で在れ」

  11. 「お帰りなさい、おめでとう!」魂が喜ぶ場所に戻ってくるあなたたち…

  12. 新しいチームメンバーが登場!(スピリチュアル拡散サイトのcoco…

  13. アシュタール通信No.24-1&24ー2を発行しました…

  14. 一緒の船でも。自分の船でも。

カテゴリー

月別アーカイブ

広告
PAGE TOP