夢れぽ:息子を乗せた列車

夢れぽ。

昨夜、息子が夢に出てきました。

この春、親元から独立して、近所とはいえ、完全に一人暮らしをするようになった18歳です。

~~~~~~~~

私は、今よりも少し幼い、13、4歳の頃の息子と一緒に列車に乗っています。

彼を、寄宿舎のある学校へ送っている途中なのです。

今と同じで、もう無口になってしまった彼で、 私たちは沈黙しています。

隣の座席には、彼と同じ学校に入る別の男子生徒が座っています。

私は先に降りなければならず、その駅に到着したので、 私は列車を降ります。息子たちはそのまま乗っていきます。

降りてからも私はホームからずっと息子を見ているのだけれど、 彼はこちらを見てくれない。

そのうち列車が動き出して。

そうしたら、 息子の横に座っている男子生徒の方が私に気がついて、息子に「 ほらほら、お母さんを見てあげなよ」と、 息子を突っついてくれたんです。

ようやく息子は私の方を見て、 いろいろ身振りをして合図してくれました。

私はもう、、号泣でした。泣いて泣いて。 そのまま去っていく息子の列車を見送って。

~~~~~

そこで、目が覚めたのです。

でも、、現実では、私は泣いていませんでした。目が覚めたとき。

それは、ちょっと救いだったでしょうか。

まだ息子との別離の痛みが強いんだなあ、と思わされた夢でした。

息子のそばにいてくれた男子生徒、その存在が救いです。

誰かしら。AAマイケル(ミカエル)かしら。息子のこと、 本当によろしくお願いしますね。。(ありがとう)

私の中で大きな変容が続いているのでしょうね。

narudeko医学博士、審神者、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

カテゴリー

月別アーカイブ

広告
PAGE TOP