「10/28、啓示のような天空の祝事でした」清涼なるひとときを

(創造主の愛とアシュターの光のためにポチッとお願いします。このサイトやサイトの記事のシェアもよろしく!♡ A&M)

今年の春に私が創造主(天之御中主神)から呼ばれた、京都での”日本神界ご挨拶ツアー”(^_^)に同行して下さったKさんからのメールです。

その前の年から、私は読者の皆さんと一緒に、上のチームに指示されるままに、”ミッション”と称して各地の龍神様を光の道でつないで廻っていたのですが、その最終目的地は京都の貴船神社だったんですね。

このときは、同時に鞍馬寺でサナトクマラさんにもお会いできましたし(ようやく!m(_ _)m)、前日には、国之常立神様の城南宮からぐるっと下賀茂神社まで、Kさんのご案内で各神様方にご挨拶して廻ることができました。(私には日本神界の知識はあまりないのですが、常に、じっちゃん(創造主)が助けとなる人を送って下さいます。(^_^))

その後も、この方からは、日本神界の様子を時々教えていただいています。

この方のメールは、京都の高い空を吹き渡る風・・、地上ではいろいろ悲しいことつらいこと・・があるにしても、、空の高みではいつも清らかな風が吹いているよ、そんなことを感じさせてくれるんですよね。

しみじみと、、愛が広がります。じっちゃんの笑顔が、向こうに透けて見えるようです。

重要なことも書かれています。

こういう感性で、いつも私も在りたいなあ、と思います。

ぜひ、ゆっくりお読みになって下さい。

ありがとうございます。m(_ _)m

~~~~~~~~~~

2019-10-26

親愛なる アシュタール・シェラン&まどか・アテナ・シェラン・ルシェリさま

お疲れさまです
いつもいつもありがとう御座います

「 責任と覚悟 」から 一年
それは この幻想構造体へのアクセスを指していたのだと 実感しています
確かにあのとき この覚悟は 見えるものを壊すことに繋がると うっすらと感じていました
その覚悟に 多少の躊躇があったのは そのせいだったと記憶しています
まもなく 今年の日本神界の皆々さまの神さま会議の時期を迎えます
昨年の神さま会議以降 アスペクトとの統合 次元の融解 秀真伝との出逢い
左羽の臣鏡臣を立て 右羽剣臣を立て 自身の左右の領域を本来に向けて立て
神代の龍脈からの 皇統の龍脈の解放を経て まどかさんにそのグリットを確立固定して頂く
旨へと繋ぎ それまでの12年の自身の学びを終え 別宮から本宮へと辿り着きました
辿り着いたことで 古くなったエネルギーに違和感を夏には持ち始め 豊穣のルートを啓き
そのルートに沿って 古くなったエネルギーに触れ 手放すことを始めました
手放せて往けた領域から 古代イスラエルへの統合に向け その領域に 牛頭天王である
素戔嗚尊のエネルギーを拡げ 確立固定しました
それに伴って 自身のブループリントの本格的な始動に向かうことを理解しました

9.29新月の朝 起きて天に在ったのは 天を覆うドーム状の素材感的には金属のような意識の層
それを感じたとき ぞっとしました
幻想構造体でした
そして それをわたしは超えるのだと わかりました
途端にそれから 内の揺さぶりが始まり 古くなった不要なものを含め それまでのすべてをの
最後の手放しをしました
手放し 自身の内を精査し しばらく過ごしました
2016.12.18 内でのツインフレームとの再会以降のわたしの享け執りは ほぼほぼ
概ね善しであるとわかりました
彼がわたしの内に在ったからこそ 享け執れたのだともわかりました
この時期 ツインフレームとの再会が増えているのも これを超えるために必要なのではと
少なくともわたしに執っては そうで在ったと感じています
また わたしはここでは目立って公に自身の享け執りを公表していないこと またスピに関わる
生業に就いていないことも 比較的にその影響を大きく享けなかったようです
幻想構造体が 3.4Dと5Dの境界線を指すもののひとつであるとすれば 司令官とまどかさんを
筆頭に わたしたちは4.5Dまで意識を回帰していると 享け執れます
上からと下から ディセンションとアセンション 互いが共に在ることのできる 5Dを目指して ・・・
まもなく10.28の新月 その頃にはわたしたちは4.66Dへと達し 11.27の新月には 4.82D
12.26の新月には 5Dに早ければ到達し その概ねは冬至には達すると 享け執っています

まもなくの神さま会議 日本神界の新体制図を添付しました
これは 夏至の頃には享け執っていましたが やっとお届けできるところまで来ました
( )書きは新たに享け執ったアスペクト 青い点線で囲われた位置には 牛頭天王である
素戔嗚尊が座します
敢えて点線で囲い御名を表記していないのは あくまでこの図が日本神界の新体制図であるから
裏から見れば 日本神界の古代イスラエルへの統合体制図と成ります
渡来のアスペクトを持つ神が その位置に就いています
但し もちろんこれは裏ではなく 両方が表です
太く切れない氣綱のような 三権分立の三柱が立っています
わたしが秀真伝を引用して文字に具現化したエネルギー ・・・
それは あくまでこれから主が描く動く絵のたたき台でした
すでにそのたたき台は そのタイムラインを超えて 秀真伝のすべてが変容しています
そして この体制もこれからいくつもの変遷を辿るであろうと 想われます

一昨年秋には国常 昨秋には天之御中主 そしてこの秋には 司令官
みなさま順に 素顔に戻って往かれます
わたしたちも それに準じてここでも どんどん本来のそれぞれを 執り戻して往こうと
しているのだと想えます
「 ヒビを入れるまでが一番骨の折れる作業だったのじゃよ ・・・ 」 ・・・
そうは謂われても これから 何度この揺さぶりを超えるのかと想うと緊張しますが
アセンションの醍醐味だと 想えるように成りたいと想います

今回も わたしの主感でお届けしました
これまでと同様に 精査頂き エネルギーを享けて頂ければと想います
季節も入り混じったようなこの頃 どうぞおからだご自愛ください
どうぞよろしくお願いします

~~~~~

2019-11-4

親愛なるアシュタール・シェラン&まどか・アテナ・シェラン・ルシェリさま

お疲れさまです
いつもいつもありがとう御座います

10.20の朝 起きてボーっとコーヒーを飲みながら 賑やかに上手に謳う鳥たちの
羽を持つ者たちの声を聞いていました
以前より 頻繁に現れる鵯の声 ・・・
「 準備できたよ 」 ・・・ そう謂っているように感じられました
また 天児屋根命が大原野神社へ 御呼びのようにも感じられました
「 また近いうちに 御伺いしますね 」 ・・・
そう返事したのですが 自宅から車で10分の御社とは謂え この時期は紅葉散策でお客様が
多いので ゆっくり御詣りできないかもと もう少し紅葉が落ち着いてからかなと想っていました

10.27の朝 また 羽を持つ者たちの声の中 空を眺めてコーヒーを頂いていると 一羽の鵯
今度は天児屋根命の奥さまの 比賣大神が大原野さんへ御呼びのようです
「 来ないと始められない 」 ・・・ そのように享け執れました
「 明日 連れて往きます 」 ・・・ と内なる彼が 返事をしていました

10.28 新月 御勤めを終え 京の南から 西の大原野さんへと向かいました
ルート的には まどかさんと御一緒したときの城南宮さんから松尾さんへのルートと途中までは
同じです
桂川を超え 西の地域へと差し掛かって 空に縦の虹が ふたつあるのに気付きます
見惚れながら 車を進めるうち その天の啓示のような 空へどんどん近づいて往きます
その祝祭を想わせるような空は 大原野さんの真上 わたしの頭上に拡がっていました
ただただ見惚れ 感激し 御詣りをしました
人祓いをしていただいていたのか 氣にしていた紅葉散策の人だかりはなく 境内にはわたし
ひとりでした
御詣りの後も ただただ天を見上げ見入っていると 縦だけでなく その濃さにそれぞれ違いは
あるものの 幾重にも横の虹が どんどん現れました
その天空の祝祭のような空を 日没まで 大原野さんの頭上で 見せてもらい 帰路に就きました

気象的には 幻日 環天頂アークであると 地方紙には掲載されていました
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-10156109-kyt-l26.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00011510-weather-soci.view-000
あんな素敵な空 ギフトを与えられた感じがしました
吉兆に想えましたが 余りの規模の大きさ ・・・
その与えられた意味は わからずにいますが 何時かわかるのだろうと想い 御礼を
申し上げました
はっきり見えるときは 見せられている ・・・
偶然はなく すべては光の必然 ・・・
不意に与えられた 大きな光の愛のエネルギー ・・・
日本神界のみなさまからの 啓示のような 天空の祝事でした
今朝起きて そのエネルギーを少しでも御届けできたらと想い 御送りした次第です
紆余曲折あろうとも わたしたちの歩みは 間違いなく そのときへと向かえているのだと想えます
どんなに小さな歩みでも 主はそのどれも愛おしく 抱きしめてくれていると ・・・
もしかしたらあれは アセンションゲートだったのでしょうか ・・・
もしそうで在るなら そのゲートをもう視覚て捉えられるところ それももう真上に捉えられる
ところにまで来たのかもしれませんね

京では朝霜も降り始めました
冬の足音が近づいています
おからだご自愛ください
よろしくお願いします

 

 

 

narudeko医学博士、審神者、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

関連記事

  1. アシュタール・祝祭ワーク in5月八ヶ岳、一般受付を開始します

  2. 思春期の息子と母の対話(赦しと新生)

  3. 2019年春のメッセージ~巣立ち

  4. もう、本当の自分にしかなれないって

  5. アシュタール祝祭ワーク「レムリアン・アファメーションで起きたミラ…

おすすめ記事

  1. ディスクロージャー・クロニクルNo.2「アセンションウェイブが来…

  2. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」を信じ続けるリスク

  3. 夢れぽ:列車を降りる人々

  4. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」:チャネリング時代の終わり

  5. アシュタール・ディスクロージャー「地球人へのメッセージ:たとえ大…

  6. アシュタールの幻想構造体:マインドコントロールとその解き方

  7. アシュター「時間を無駄にせずどんどん進んで下さい」創造主講義・ア…

  8. アシュターからあなたへ究極の質問(あなたが信じたものは何ですか?…

  9. これまで本当にありがとう。でも、一歩先へ進みましょう!

  10. アシュタール”アセンションの学校”第2部「自分自身で在れ」

  11. 「お帰りなさい、おめでとう!」魂が喜ぶ場所に戻ってくるあなたたち…

  12. 新しいチームメンバーが登場!(スピリチュアル拡散サイトのcoco…

  13. アシュタール通信No.24-1&24ー2を発行しました…

  14. 一緒の船でも。自分の船でも。

カテゴリー

月別アーカイブ

広告
PAGE TOP