「集合意識の新型コロナ対応、何をすべきか、何ができるか」アシュターとの対話2020-3-6

(こういうサイトができたんですね。素晴らしいです! 確実に良い動きが生まれ始めていますね。(^^ )

「うちの国、いきなり覚醒した!?」と称賛の声多数。官民連携の新型コロナ関連支援まとめサイト「VS COVID-19 #民間支援情報ナビ」が公開(FINDERS)

以下は、動画のテキストです。

~~~~~~~~~~

新型コロナの流行に対して、もっと冷静になった方がいいのではないでしょうか。

連日の報道に、私は違和感ありありです。(アシュターも「鵜呑みにしないで」と言ってますが。)

マスコミは、感染者数累計のグラフではなく、日毎の新感染者数のグラフをもっと使うべきですよね。何だか、実態を隠して危機感や恐怖を煽ってる?

統計って、見せ方によって印象が相当違ってくるんですよ。ある意味、意識操作ができるんです。

感染者数を累計で見たら、どんどん増えるに決まってるでしょ。過去の数の上にただ足していくだけなんですから。まあ、増え方の角度でどれくらいの増加スピードかは推測できますが。

でも、一日ごとの新感染者数で見たら、印象が全然違ってきます。こちらのグラフでピークをつけて収束していくのが見えれば、流行は収まりつつあるということなんです。

日本は、残念ながら3日連続で減った後、昨日(3/10)は戻ってしまいましたが。でも、しばらくはこのレベルでうろうろして、本格的に春になるにつれて、減少傾向がはっきりしてくれば?いいなあ~と思っています。(^^ )

(グラフ、クリックすると大きくなります。)

下のWHOの報告を見ても、世界的に新感染者数は激増なんかしていません。(グラフの左端の黄色い縦のグラフです。)

何より、中国と韓国が減っている。両国とも、ピークをつけて収束に向かっているように見える。中国は、収束をアピールしていますよね。

また、ぶり返すこともあるのでしょうか?

う~ん、不顕性感染を介しても、人々は免疫を獲得していきますから、最初のアタックほど、ウイルスは効率良く広がらないのではないでしょうか。また、ウイルス自体、感染を重ねるごとに宿主(人間)に馴化して、毒性を弱めていくのが普通です。

 

目下、問題なのは、イタリアを始めとしたヨーロッパの国々です。

まだその地域に入ってきてから日が浅く、拡大期で、対策が追いついていないのでしょうか。

寒い地域ですよねえ。風邪は流行りやすい。

今、南半球の国々ではどうなのかが気になりますね。ヨーロッパほど急ピッチで増えているのかどうか。

ところで、もう一度おさらいしておきたいと思います。

インフルエンザによる死亡者数(直接・間接含めて)は、世界では年間25~50万人、日本では約1万人だそうです。

それに比べて、現時点で、新型コロナによる死亡者は、世界では4015人、日本では19人です。(3月11日時点です。)

ちなみに、日本人の年間死亡者数は、悪性新生物(癌)が344,105人、心疾患が180,745人、脳血管疾患が122,350人、肺炎が112,004人、老衰が38,670人です(2009年の統計)。交通事故死は去年、3215人でした。

もう一度言いますね。新型コロナによる死亡者は今のところ、19人です。何ケタ違います?

さて、

新型コロナの流行に関し、問題の焦点は疾病そのものではなく、人が集まること自体がリスクになってしまう結果、人が集まることで成り立っているあらゆる生産や消費の活動、人や物流の流れが止まってしまうことですよね。

そこをどうするかです。

今をどう乗り切るか。

そして、将来また繰り返すかもしれない新種の感染症による世界的な活動停止に、どう備えるのか。

それはたぶんきっと、従来の枠組みの中からの発想では解決できず、まったく新しいパラダイムシフトが必要になるのでしょう。

そこから、地球文明はまた一歩進化するのでしょう。

そして、今、人々の間にウイルスそのものより大きな不安を生み出しつつあるのは、日常生活が立ち行かなくなること、もっと言えば馴染んだ世界が壊れていくこと、です。

壊れていくのが悪いわけではなく、むしろ、ニューアースへの移行に向けていずれ壊れていかなければならない旧いシステムなのですが、ただ、その先の未来に待っているものを知らない人にとっては恐怖そのものでしょう。その人たちは、今の世界でしか生きられないと信じているのですから。

でも、それでは、

軽くなれない。波動を上げられない。

その思考のネガティヴィティが、その人たちに必要以上に困難を引き寄せてしまう。

ですから、「その状態を何とかしなければいけないなあ。何か、私にできることはないかしら」と、私はずっと考え続けてきたわけです。

上のチーム、じっちゃん創造主やAAマイケル、アシュターらとも何度も相談を繰り返してきました。

今回シェアする録音もそうです。

新型コロナの流行に関しては、これまでも創造主およびアシュターとの対話をシェアしてきました。

しかし、事態の進行はとても速く、また、その時々の私の波動や人々の集合意識のレベルによっても、同じ答え、あるいはアドバイスがずっと通用するとは限りません。

そういう意味で、私はタイミングを見ているところです。

何か行動を起こした方が良いのか。だとしたら、目的は? 時期は?

そうそう、私、マヤのピラミッドを訪ねるツアーはキャンセルしたんですよ。(~_~;)  本当はこの15日から25日まで、日本を留守にする予定でした。

キャンセルした理由は、自分自身についてはウイルス感染の心配はしていないのですが、万一、メキシコへ向かう機内で有症者が出て、現地で検疫隔離でもされたら困ると思って。バディも「現地の医療施設に入るのは避けたいよね〜」と賛成しませんし。

私のスケジュールが大幅に狂ったら、スクールの準備ができなくなってしまいます。(^。^)「マヤはキャンセルしても大丈夫」と、アシュターから言われてもいました。

そういう状況です。

何か決めたら、またアップしますね。(^^ )

さてさて、、どうなるでしょうね。

ここから、日本人の集合意識は、世界の集合意識はどのように動くのか。

注意して見ています。

 

 

 

narudeko医学博士、審神者、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

関連記事

  1. 重要!多層化するニューアースのリアリティ:最上層と最下層のビジョ…

  2. 「新型コロナウイルスについてこれからすべきこと」

  3. 創造主・マイケル・アシュターによる「ニューアース・ビルダー・スク…

  4. アシュター「本来の貴女の力が全開になってこそ、多くの人に多大な影…

  5. アシュタール・オンラインワークの舞台裏「2019デトックスワーク…

おすすめ記事

  1. NBSスクールの入学申し込みサイト

  2. 大立て替え第2フェイズの準備~AAマイケルの叡知の教えとイシスの…

  3. 大立て替え第2フェイズの準備~135度線浄化ミッション

  4. AAマイケルの叡知の森~ニューアース・ビルダー・スクールの今後

  5. 拡散希望「日本をはぐくむ愛の瞑想」今がそのとき!

  6. 台風10号が過ぎ去ってみて:「台風を包む愛の瞑想」で何が起きたの…

  7. 2020年9月5日22時から集団瞑想を行います:台風を包む愛の瞑…

  8. 高次元ETファミリーの物質界アプローチ!「スターシードの魂の道光…

  9. 「スターシードの魂の道光の道の歩き方」2020-8-24アシュタ…

  10. 新時代に向けて情報戦のまっただ中、”一なるもの”の視点は?

  11. マスコミ、大企業、隠れていた光の勢力の台頭が始まった!NESAR…

  12. 予告!2020-6-21の14:30~夏至エネルギーの無料イベン…

  13. 「アシュター:状況は、目には見えませんがものすごいスピードで好転…

  14. 拡散希望:動き出した世界!もう陰謀論ではない、お花畑スピも通用し…

  15. 春の散歩で思う日常と非日常

  16. ニューアースにふさわしい治療法を求めて

  17. 光の勢力からの警告

  18. 重要:2020年GWスペシャル創造主・アシュター最新情報

  19. ”行き止まり”の解決策は存在する!:その4.あとは行動するだけ

  20. ”行き止まり”の解決策は存在する!:その3.フリーエネルギー

  21. ”行き止まり”の解決策は存在する!:その2.債務免除と資金供給(…

  22. ”行き止まり”の解決策は存在する!:その1.まず真実を知ること

  23. アシュタールの真実8:あなたを連れて帰りたい

  24. 新型コロナのパンデミックは、非常に巧妙なドミノ倒しの始まり

  25. お知らせ「新型コロナに備えて:アシュタールグループから無料のヒー…

  26. 重要!多層化するニューアースのリアリティ:最上層と最下層のビジョ…

  27. 最後の審判が意味するところー魂は自らの波動の世界で学び続ける

  28. 多層化するリアリティへの分岐。選択の機会は今このとき

  29. アシュタールの真実7:ディスクロージャーから始まる「地球人から銀…

  30. アシュタールの真実6:アシュタールジュエリーって本物ですか?

  31. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」を信じ続けるリスク

  32. アシュター「時間を無駄にせずどんどん進んで下さい」創造主講義・ア…

  33. アシュタール”アセンションの学校”第2部「自分自身で在れ」

  34. 「お帰りなさい、おめでとう!」魂が喜ぶ場所に戻ってくるあなたたち…

  35. 新しいチームメンバーが登場!(スピリチュアル拡散サイトのcoco…

  36. アシュタール通信No.24-1&24ー2を発行しました…

  37. 一緒の船でも。自分の船でも。

カテゴリー

月別アーカイブ

広告
PAGE TOP