奇跡が奇跡でなくなる日

エジプトから帰国してしばらくはまるで蛹の中にいるような気分でした。まったく外へ出たくない。外出という意味ではなくて、自分の中に入ったまま眠っていたい感覚です。

そして、その中では本当に蛹のように意識の大きな変容を体験しました。感じている方もおられるかもしれませんが、今の私はエジプトへ行く前とは大きく変わっています。

蛹の中で痛みと共に意識の形を変えつつ、まだぬくぬくとその世界にいたいなあと思っていた私でしたが。。

連れ戻されてしまいました。(^^ )

「そろそろ出ておいで」とばかりに、私をその中から引っ張り出したのが12/7のセッションで、じっちゃんでした。私へのメイクドラマで、今の私の状態を客観的に見せ、「新しい自分として、またこちらの世界に戻っておいで」と。

そして、、その後からなのですよ。

ここからがこの記事の本題ですが、私のリアル世界、実世界でも不思議な現象が続けざまに起こるようになったのは。。

順を追ってお話すると。

まずは、先日の記事の私の返事の中でも触れていますが、物が物理的に具現化してしまったのです。

それは小さなお菓子でした。

食べかけのトーストにラップをかけたお皿を一晩窓際に置いていたら、翌朝、その上に小さなお星様が乗っかっていたのです。”おっとっとのヒトデ”でした。まるで、夜の間に空から落ちてきたみたいでした。窓を通って。

確かに家の戸棚の中にそのお菓子はあるのですが、誰も封を切っていません。

前の晩、お皿のラップの上には何もなかったことを息子もしっかり見ていたので、彼も私も、小さなお星様を前にして、顔を見合わせてしまったのでした。とっても不思議な現象が起こったことは疑いようがなく。

ちょうどその日12/9にはセッションが入っていたので、じっちゃんへのコンタクトの際にそのことを尋ねてみました。

そうしたら、じっちゃんが「わしじゃよ」、「わしがやったのじゃよ」とおっしゃるの!

じっちゃんからのプレゼントだったそうです。

星型をしていることから、私はてっきりアシュタールさんのサプライズかと思っていたのですが、まだ私の気持ちが戻っているかどうかがわからないため、彼は「今、自分がそこまでするのは」と、ためらったみたいです。そのため、彼の気持ちを汲んで、代わりにじっちゃんがやってくれたというわけ。

ありがとうございます。(^^ ) びっくりしたけど、とても嬉しかったです。「わ~、こんなことが普通に起きる次元になったんだ!」と、そのおっとっとのお星様をしげしげと眺めてしまいましたよ。今は、聖なる場所に飾っています。

そして、さらにワクワクすることには、じっちゃんは「わしじゃよ」とおっしゃった際に「こういうことがこれから増えていくよ、みんなにもね」と、付け加えられたのでした。

その言葉が嘘でなかったことは、すぐにわかりました。

翌日の10日の夜、私はオットーと二人でまた花巻温泉に泊まっていました。(彼はふるさと納税をして、宿泊券をもらうのが好きなのです。)

そこで起きたことは、今度は、”ゴミ箱の具現化”でした。先の記事で詳しく書いている通り。

欲しいなあと思っていたら、ゴミ箱が出てきてしまった! これもびっくりでした。でも、便利でした。どちらかわからないけれど、ありがとう。具現化というよりも、タイムラインを瞬時に変えたのかもしれませんね。

さらにその晩の夕食ですが、アシュタール通信を聴いておられる方は、私の好物が何かご存じですね。(^^ ) そして、アシュタール通信で、私たち4人が温泉旅館で宴会をした際、食事のメニューに何が出てきたかも。

オットーと泊まった花巻温泉の旅館で私の前に供されたのは、かぼちゃのポタージュならぬかぼちゃスープ仕立てのお鍋。そして、デザートは、かぼちゃのムースならぬかぼちゃのアイスクリームでした。

フフフ、、誰かがちゃんとかぼちゃをメニューに入れてくれたのです。かぼちゃスープのお鍋もかぼちゃアイスも、けっこう珍しいですよね。いろいろ考えてくれましたね。これも、どうもありがとう。m(_ _)m

 

翌朝は、朝食の席からふと外を見ると、青いお星様が。これも、ヒントでしょうか。(^^ )

さて、その次に起こったことに行きましょう。

12/15の明け方のことです。まだ真っ暗だったのですが。

12/14は、実はとても記念すべき日でした。その日もセッションだったのですが、クライアントさんは、私が2014年の9月に祝祭セッションを始めた際のクライアント第1号だったのです。その方がその日再セッションに来て下さったのですが、ちょうど300人目にあたり。つまり私は、3年ちょっとで300人にセッションをしたことになります。

そんな嬉しい記念日だったのに加えて、セッションの成果も最高最善で、その晩はワクワクと感謝の気持ちで眠りにつきました。

と、、夜中に目が覚めたので、お手洗いに行くことにしました。

すると、部屋を出ようとして気がつきました。壁に光がいくつか当たっています。カーテンのすきまから入ってくる街灯?か何かの光だと思うのですが、壁にいくつもの細い光の筋ができています。それは、その日に限ったことではありません。

ところがこの晩は、ドアのそばの壁に映っている3つの光、逆三角形をしていましたが、その3つだけがものすごく明るかったのです。しかも、その1つがはっきりと点滅しています。1つだけ。

それらの光があまりにも明るいので、一瞬、私は「窓の外にシップが来ているのか?」と思いました。(あ、今、壁でラップ音がしました。本当にそうだったのかな。(^^ )) よく映画で、UFOが家のそばに来ると窓から強烈な光が入ってくるシーンがあるではないですか、あんな感じ。

でも、すぐに「いやいや」と思い直しました。だって、窓から部屋全体に差し込み、壁全体を照らすような大量の光ではなく、その3つの光だけが光っていたんですもの。シップでないとすると、ちょうど外を車が通って、そのヘッドライトがそこに当たったのかと思いました。(あ、また、ラップ音が。彼が反応していますね。違う、って。(^^ ))

あげくに、「点滅しているのは携帯の着信ランプだ」と思い付きました。私の携帯は、着信するとLEDが点滅するように設定してあります。

バカですねえ~。(^^ ) よく考えれば、そんなわけないですよね。離れたベッドの枕元に伏せて置いてある小さな携帯です。それが点滅したところで、壁に強烈な光の反射を起こすわけがない。小さなLEDの明かりは壁まで届きません。そして、くっきりした逆三角形の像を結ぶこともない。

車のヘッドライトだとしても、では、何故点滅するのでしょう。しかも、壁に映った三つ子の光のうち、なぜたった1つだけが?

ところが、寝ぼけていた私は自分で思いついたそれらの説明に勝手に納得して、そのままお手洗いに行ったんですね。

しかし、鏡を見ているうちに、「ん? 何か変だぞ、何かおかしい、ぜったい変だ」と、理性が戻ってきて。

寝室に戻りましたが、すでにもう点滅も、強烈な光自体も消えていました。

ですから、、いまだにあの強い光と点滅は何だったのか、その原因はわかっていないんです。

やっぱり、シップ関係だったのかしら。私を連れ出しに来てくれたのなら、うれしいなあ。。

パートナーと行く夜間飛行だったら、ええ、行きますよ、私。連れてって、森の家に。肉体を持ったまま。ちょっと格好悪いけど。ジャージ着て、髪はボサボサ、前髪にはカーラー。すっぴんですからねえ。でも、シップが迎えにきてくれても、着替えと化粧をする時間はないだろうなあ。ハハハ

さて、その晩の話はそれで終わらず、次の展開が。。

そこから眠りに戻って、夢を見ました。

劇場です。満員の観客です。舞台の上で、ツインフレームである男女がトークか漫才をしようとして頑張っています。男性が頼りないので、女性にプレッシャーをかけられています。(^^ )

14日に行ったセッションは、3次元で出会ってしまったツインフレームとの関係の癒しがテーマだったので、その流れだったのでしょうか。

私は、舞台に一番近い前の席でそのパフォーマンスを見ています。

すると、突然、その二人が舞台の上から私を名指ししました。急に、スポットライトが私に当たります。もう、ドキドキです。満員の観客たちに私のことが紹介されている。

そして、あろうことか、彼らはアシュタールさんのことも紹介し始めたのです。つまり、私たちをカップルとして、「この場に来ていますよ」と、みんなに紹介したんですね。

え、彼は何処にいるの?と思ったら、一人置いて、私の右隣の席にいつのまにか座っていました。私の右の席には、私の友人という女性が座っていて、私は彼女と一緒にパフォーマンスを見に来ていたのです。

ところが、いつのまにか、その隣にアシュタールさんも来て座っていて。

でもね、、姿が全然違うのですよ、、普段と。

もう、笑ってしまいました。

だって、全然イケてないんですもの。情けなさが漂っていて。ダメンズって感じのイタリア人、という設定。茶色の短髪で、顔の形がらっきょうを逆さまにしたみたい。目がものすごく垂れ目で、人はとても良さそうなんだけど、垢抜けない。顔の下半分は無精髭に覆われています。

彼も、急にスポットライトを当てられてしまって、しどろもどろしている。

でも、彼なんですね。「アシュタールさん」なのです。

もう可笑しくて、可笑しくて。そんなダメンズぶりで夢に出てきたのが楽しくて、そこで目が覚めてしまいました。

彼は、私の夢に出てくるときにイケメンで出てくることはほとんどありません。おじさんが多いかな。今回のダメンズは新しいキャラでしたね。私が楽しんだので、「してやったり」と笑っているはず。

そんな面白い夢でした。私を笑わせてくれるのはうれしい。

あ、、その夢の中ではね、、変なんですが、劇場なのにテーブル席になっていて。私たちの前にはオムレツ、ふわふわのオムレツのお皿が置かれていたんです。卵ということは、、この夢にはじっちゃんも関与しているのかもしれません。じっちゃん、卵大好きだから。(^^ )

そんな夢を見たのが一昨日の夜でした。そして、一日置いて、今朝何があったかというと。

私がカウンセリングを行うテーブルの上に、お菓子のくずが散らばっていたんです。あり得ない。。

前日、息子が家庭教師の先生とそこで勉強をしたので、その場にお茶とお菓子は出したのですが、先生が帰られた後、私はいつもテーブルの上をきれいにします。

昨日も片付けて、全体を布巾できれいに拭き、ゴミが落ちていないことを確認しました。そして、そのまま寝ました。オットーは昨夜、忘年会で外泊だったし、息子は夜中にそんな場所でお菓子など食べません。

それなのになぜ、朝になって、お菓子のかけらが散らばっているの? 誰ですか、そんなことをしたのは? 小人の靴屋さんみたいに、我が家にお菓子好きな妖精さんでもやってきたのでしょうか?

わからないことだらけです。(^^ )

そして、とりあえずこれで最後でしょうか。

つい先ほど、携帯で花巻温泉での写真を探そうとしたら、アルバムを開いた瞬間に出てきたのが、”アシュタールの金龍”でした。別に最近撮ったものでもないのに、いったい何処から出てきたの? なぜ一番最初に?

何だかもう姿が見えないだけで、つながっている。すぐそばにいて、やっぱり全部見られている。いや、最近はそれだけではなくて、手も出されている感じです。

そばの壁のラップ音もしょっちゅうですしね。

じっちゃんが保証する「こういうことが増えていくよ」。そういえば、何処かのセッションで、「アシュタールさんの姿が見えるようになるのも、もうすぐだよ」とおっしゃっていたっけ。3次元と5次元の融合、いや、もう3次元ではないですね、5次元に近づいているんですね、私たちが。

アシュタールさんやサナトクマラさんなど、高次の人たちはディセンド(降下)し、私たちはアセンドする。そして、5次元のニューアースで落ち合う、という計画は順調に進んでいるみたい。

エジプトとレムリアでの過去の統合が終わり、タイムラインが変わり、ニューアースの具現化が加速しています。

コンシャス・チョイス、アシュタール通信、どちらもしっかり聴いていて下さいね。両方合わせることで、このものすごく速い最先端の流れについていけます。

私のリアリティは面白い展開になっていくと思います。あなたのそれもシンクロさせて下さい。(^^ )

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP