ウェブボット未来予測がより明るいものに

新年早々ですが、社会情勢の変化を見ていて気づいたことがあったので、書いておきますね。(1月5日に書き始めた記事です。)

先日、記事で「タイムラインが変わっていく可能性」をお伝えしたばかりですが、本当にタイムラインが変わったことが確認できる情報が出てきました。うれしくてたまりません。(^^ )

1つは、私も以前取り上げたことのあるクリフ・ハイのWEBBOT未来予測です。

WEBBOTとは、ネット社会に現れる膨大な数の言語を分析して人類の集合意識の流れを予測する手法です。

その2018年の予測が、これまでと違ってとても楽観的なものに変わったらしいのです。(英文レポート、長いので読んでません。(_ _))

”ヤスの備忘録”さんの解説によると、

「今回の予測のもっとも顕著な特徴は、ウエブボットには非常に珍しく、予測の内容がかなり楽観的で明るいことだ。仮想通貨の出現と拡大で、これまでの悲観的な予測が大きく変更されたようだ。

これまでのウエブボットの予測では見られないような楽観的な予測であった。この楽観性の根拠にあるのは、ブロックチェーンと仮想通貨という2つの革新的なイノベーションがもたらす効果である。それは既存の社会と経済を根本から変革する起爆剤として作用する。」

ということです。

WEBBOTレポートの中で具体的に予測されているのは、支配エリートたちの排除、人類とくに米国人の意識構造の変化、先進テクノロジーの導入、経済システムの革新。

”仮想通貨”の出現とその予想以上の発展ぶりが、地球の未来を明るくする大きな要因となると考えているようですが、、でも、私が不思議に思うのは、そもそも”仮想通貨”がここまで発展することを、過去のどんな預言やチャネリング情報が言及していたでしょうか?

ライトワ―カーの間では、”イベント”と称して、既存の経済・金融制度の大崩壊が起こる、それによって金本位制の新しいシステムに移行する、というシナリオが広まっていましたよね。その何処に、”仮想通貨”の出現が含まれていたでしょうか?

しかし、すでに”仮想通貨”が出現し、経済活動がそちらへ移行し始めているお陰で、この先いざ、古い経済・金融システムがクラッシュしてもそれほどの混乱なく乗り越えられるのだとしたら。。

”仮想通貨”は、ニューアースへの穏やかな移行、金本位制を通過して、通貨を必要としなくなる文明段階に到達するまでの過渡期を支える役割を担っていると考えられないでしょうか。

カバルが支配する現行の経済・金融システムは早晩壊さなければならないわけです。しかし、突然、大々的にそれをやってしまうと、それこそ大恐慌で地球社会がパニックに陥る。それは波動的に望ましくない。

それに比べて、現行のシステムがクラッシュしてもその時にもうすでに代替のシステムが機能している状態であれば、それが受け皿となって、地球社会は大きな打撃を受けずにすむ。。

お金に支配される文明から、お金を必要としない文明に変わっていくまでの初期に、この仮想通貨を使おうという発想。

”仮想通貨”も、地球の次元上昇をサポートするアライアンスたちのアイディアで、新しいタイムライン上に新たに導入されたツールなのではないか、と思えます。

と、この記事はここまでを3日前に書いて、まだアップしていなかったのですが、今日、コブラから、同様の情報が出て、びっくりしました。

All that said, cryptocurencies and blockchain technology have a future. The Resistance has begun to include cryptos in their plans for the financial Reset and will rip out blockchain technology from the hands of Cabal at the time of the Event.

私が感じたことは合っていたようです。(^^ )

元々は、カバルたちが金本位制への移行に対抗するためのツールとして登場したにもかかわらず、今は、光の勢力がこちら側のツールに取り込んでしまったとのこと。

先日も書きましたが、タイムラインはより穏やか、よりベター、かつより速く進むものにどんどん変わっている気がします。

同じく今日見たブロッサム・グッドチャイルドさんの銀河連邦からのメッセージが、もう超興奮です。「ディスクロージャーが本当に近い」と、彼ら自身が興奮しているのが面白い。(^^ )

興味がある方は、グーグル翻訳で読んでみると良いかも。

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP