じっちゃんがくれた”気づき”(夢の占い師さん(^^ ))

前の記事からの続きです。

そのすぐ後に、夢を見ました。完全な夢です。

~~~~~~~~~~

高台の道を歩いています。

前方が歩きにくそうだったので、私は下の道へ降ります。

といっても、そこは道ではなく、海岸です。高い崖の下にあたり、歩けるような岩場はほんの少ししかありません。満ち潮になったら、あるいは、大波が来たら、簡単に波にのまれてしまう危険な場所です。

「波が来たら危ないから速く行こう」、、そんな風に思いつつ、私は進んでいきます。

目的地に着きました。

そこは、占い師のおばさんの家です。

「とてもよく当たるのよ」と、カガミさん(へんぷのデザイナーさんです(^^ ))や他の知り合いに評判を聞いて、私も占ってもらおうとやってきたのです。

中へ通されました。シーツのように大きなへんぷの布が、天幕のように幾枚もかかっています。それらをめくりながら、中に入っていきます。(今、思いましたが、へんぷというのもシンボルでしたね。)

小部屋におばさんがいました。年を取った魔女のようだけど、、でも、痩せてはいない、丸顔の人です。おかっぱだったかな。

その人が、すぐに私を占い始めます。モゴモゴ、モゴモゴと。

よく聞き取れない。

でも、一言、二言が耳に残ります。1979という数字が浮かびました。

「あなたはその時、人間として、一度完成したんだよ。(一度、死んだんだよ?)」

さらに、

「あなたは、5世代早く生まれてきたんだね」

そんな事を言います。意味ふ・め・い。

そして、突然、

「なるでこさん」と、大きな声で私を呼んだのです。

私は覚えている限り、夢の中で「なるでこさん」と、呼ばれたことはありません! びっくり仰天しました。

「なんで、その名前を知ってるの!」と、私は叫びました。

すると、おばさんはニヤニヤしながら、「前の客に聞いたんじゃよ」と、言います。前の客って、カガミさんでしょうか。

ん? んん? ~じゃよ、という語尾になった? 怪しい~。。(^^ )

それから、おばさんはぐ~~んと近づき、大きな顔を私の顔のそばに寄せてきて、ニヤニヤしながら、

「いい人がいるじゃろ?」

と、私に言ったのです。

ウワ~~~! じっちゃんだ! 出た~~!

そして、、じっちゃんは、「”ゆ・る・し”じゃよ」と、一言、私に言ったのです。

私の相談内容は、「どうしたら、彼に気持ちを沿わせることができるか、どうしたら、彼をありのままで受け容れられるか」という問題だったんですね。

その答えが、「ゆ・る・し じゃよ」だったんです。

ガ~ンと来ました。(^^ )

そうだった。。そうでした。。

私は、人にはさんざん”赦し”の効用、”赦し”の必要性を語ってきたくせに、こと、自分の事となると、まったく忘れていました。まったくできていませんでした。もう、笑っちゃうくらい。。

「赦し難きを赦すのが、転生の目的なんですよ」なんて、えらそうなことを言っておきながら、私自身は、ほんのちっちゃい一つのことが赦せていませんでした。

そこに、気づかされた。

じっちゃん、、ありがとう! 上から見ていて、いい加減、もどかしくなったのかもしれませんね。あまりに、私が堂々巡りしているので。

夢の続きです。

そこで、、占い師のおばさん=じっちゃんの姿は消えましたが、、

大きな文字が浮かんできました。

「アジア」と、書いてありました。。どういう意味でしょう? これはわかりません。

そして、これも、メッセージなのかな、言葉が来ました。

私が造っているアクセサリーの中に、ヒーリング用のカラフルなプチ・ネックレスのシリーズがあるのですが、「あれは、色違いで欲しくなる人が出てくるだろうねえ~~」と、そんな言葉が。それも、じっちゃんか?! あれ、じっちゃんもお気に入り?! (^^ ) (宣伝ではありませんので。。単に、夢で聞いた言葉です。)

確かに。。(^^ )

色とりどりできれいなので、私も、自分用に、その日の気分に合わせて、いろんな色のものを付け変えています。乗せているのは、どれも、ヒーリング効果に優れた石ばかりです。

ハハハ、、、「シリーズで欲しい」って言われる、、そう言えば、最初に見せた妹もそう言ってたなあ、、そんなことも、これから実際に起こっていくのでしょうか。。

~~~~~~~~~~

という夢でした。

じっちゃん、「いい加減に、そこを抜けなさい」という、私へのメッセージでしたね。

”赦し”ができずに、同じところをグルグルしていましたから。

地球乙女さんとじっちゃん、、(ウワ、今、大きなラップ音、(^^ ))、お二人からこのように直接諭されては、反論のしようもございません。(_ _)

はい、わかりました。

「もろもろ、ごめんなさい、手放します」です。(_ _) (彼に伝わったかな。)

次へ進みます。笑顔を取り戻して。♥

(あ、最後に。

夢の中で、私が崖の下の海岸を選んで進んだのは、「きわどいところが好きだからねえ。そういうところへ、わざわざ降りていくんだよねえ。自分で求めていった。冒険好きじゃな」ということでした。(*´ェ`*))

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP