地球さんがくれた”気づき”

mayumiさんに言わせると、”マリッジ・ブルー”だそうですが。(^^ )

青梅から帰って以来、私にとって、すっきりと気分が晴れない日が続いていました。

あまりに事が速く進行したので、私は、すべてを受け容れる準備がまだできていないように感じたのです。

悶々とし、時にはジェットコースターに乗っているような夜を過ごしました。。幾晩も。

そして、ついに、、、「じっちゃん、助けて~~!」と、叫びました。

そうしたら、、、今朝、、助けがやってきましたね。朝方の夢に出てきてくれました、じっちゃん。(^^ )

その前に、地球乙女さんも、ビジョンを送ってくれました。

忘れないうちに、その二つを書いておこうと思います。

まず、ここでは、地球乙女さんが見せてくれたビジョンから。

~~~~~~~~~~

場所は、私たちの丘の家(アシュタール通信No.15ー2に出てくる、上の次元の私たちの拠点)です。

家のそばに生えている木は、地球乙女さんの分身。

木のそばで遊んでいる幼い子どもたちがいます。私とアシュタールさんです。彼は、少し離れたところにいます。

(この丘の家の木の下で、かつて私たちはクリスタルの珠を埋めました。愛の結晶として、大きく成長させるために。)

その場所で、私たちは、それぞれパズルを合わせています。

美しい緑の木肌、葉、花々、地球さんの木をそのまま写し取ったようなパズルのピースを組み合わせると、美しい1枚の絵になります。

私たちは、各自の絵を完成させた後に持ち寄って、今度は二つを合わせて1枚の大きな絵として完成させるのです。

ところがね、、私は、彼が持ってきた、彼の絵の中のピースの1つが気に入らないのです。

理由は、美しくないから。。色が茶色で、形もいびつだから。(..;)

だから、私は、それを二人の絵の中に入れることをとても嫌がっています。そのため、彼をはねのけています。ハハハ (T.T)

すると、、、地球さんの木がやさしく私を見下ろして、こう言ったのです。

「そのピースも、必要なのよ」って。「土を、根っこを見てごらん。茶色でしょ。きれいじゃないでしょ。でも、それも必要でしょう?」って。

私は、・・・・・ あっ!と、思いました。

~~~~~~~~~~

というビジョンでした。

私から見て、どんなに、汚いな、嫌だなと思えるピースでも、、でも、、それも、、彼を構成している絵の一部、彼にとって必要な体験の一部だったんですね。

私に、”気づき”がやってきました。(^^ )

ありがとう。(T.T) 地球さん。

ところが、それで終わらなかった。

じっちゃんが、続いて、もっとダイレクトに答えをくれたのです。ハハハ。びっくり。

それは、次の記事で。(^^ )

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP