愛ゆえにHeel(悪役)になること、拒絶することも、あなたに必要な力の1つです

人に何かを依頼されて、しかし断らなければならないとき、良い気持ちはしませんよね。

私たち、特に他者奉仕を良しとしてきた者は、何かを人から頼まれたら、大抵は何とかそれに応えようとします。

応えられないとき、物理的に無理な場合は別にして、やればできるけどしてはいけない、するべきではないと感じるとき、気持ちはとても複雑になります。

「もしかしたら、自分は冷たい人間なのか」とか「嫌だと思うのは自分のエゴなのか」なんて、罪悪感が発生したりもします。

そこを乗り越えるのが、、今、この段階の私の学びなんですって! アシュター曰く。

先日、そんな状態で悶々としていた私に、彼は、「Heel(悪役)をやること、できることも、大事なんです。学んで下さい」と、言いました。

相手への愛があるからこそ、手を伸ばしてはいけないときがあります。

相手の成長を願うからこそ、答えを教えてはいけない、自分で学ばせなければいけないときがあります。

手を引くのではなく、転ぶのはわかっていても、自分の足で歩かせる。

私たち他者奉仕を目指す者がよく忘れがちなのは、

・その人にも、創造主やガイドがちゃんとついている

・その人にも、常に自力で乗り越える力は十分にある

ということです。

それはわかっていても、甘やかすだけが愛ではないとは知ってはいても。

面と向かって拒絶するときって、かなりストレスを感じるものですが。

それでも、、それでも、、

そのレベルを超えて、もっと大きな愛の視点に立たなければいけない時なんですって。私は。

すべてを知った上でHeelを演じる、愛ゆえにHeel役を選ぶ、その強さも、これからの私には必要なんですって。

narudeko医学博士、審神者、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

関連記事

  1. シップは星に偽装する

  2. 「地震は大丈夫です」by アシュタル司令官

  3. マイケルからのメッセージ「貴女は何も悪くない」

  4. アセンション・ニュースレター“ハートの贈りもの5D” コンシャス…

  5. 2018-8-4プライベート・アシュタール「世界情勢の舞台裏」

おすすめ記事

  1. 「お茶を飲むならアッシュでね♥」by アシュター

  2. 続・ツインフレームとテレパシー「新しい領域へ進む人たち」

  3. ツインフレームとテレパシー「幻想構造体を脱けた先にある世界」

  4. ディスクロージャー・クロニクルNo.2「アセンションウェイブが来…

  5. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」を信じ続けるリスク

  6. 幻想の「金星から来た愛と光の大使」:チャネリング時代の終わり

  7. アシュタールの幻想構造体:マインドコントロールとその解き方

  8. アシュター「時間を無駄にせずどんどん進んで下さい」創造主講義・ア…

  9. アシュターからあなたへ究極の質問(あなたが信じたものは何ですか?…

  10. これまで本当にありがとう。でも、一歩先へ進みましょう!

  11. アシュタール”アセンションの学校”第2部「自分自身で在れ」

  12. 「お帰りなさい、おめでとう!」魂が喜ぶ場所に戻ってくるあなたたち…

  13. 新しいチームメンバーが登場!(スピリチュアル拡散サイトのcoco…

  14. アシュタール通信No.24-1&24ー2を発行しました…

  15. 一緒の船でも。自分の船でも。

カテゴリー

月別アーカイブ

広告
PAGE TOP