アシュタール通信No.16を発行しました。「アシュタール・ウェディング~水平にかかる虹の橋」

アシュタール通信では、アシュタル司令官が毎回、日本人に向けて伝えたいことをお話しされ、さらに、私たちからの質問にも答えて下さいます。毎回、じっちゃん創造主も出てこられます。\(^▽^)/ 他のアセンデッド・マスターたちにコンタクトすることも可能です。

司令官/じっちゃん/マスターたちに質問のある方は、メールタイトルに「アシュタル司令官/じっちゃんへの質問」として、narudeko@gmail.com までお送り下さい。

アシュタール通信No.16-1「アシュタール・ウェディング1~創造主の御前で」とNo.16-2「アシュタール・ウェディング2~具現化のシナリオ」を発行しました。(ご購入に関しては、注意点をお読み下さい。)

今回も、サプライズを楽しんでいただきたいので、今ここでは詳しく説明いたしません。「びっくり!」と思われる方もいらっしゃるか、、あるいは、「予想通り」と思われる方もいらっしゃるか。(^^ )

今回のセッションの一貫したテーマは何だろう、と考えました。。一つに絞るのはなかなか難しい。

しかし、私は敢えて「虹の橋は水平にかかっているもの。真横に渡るもの」、それを主要なメッセージとしたいと思います。じっちゃんも、それを望んでおられると思うので。

つまり、私たちにとって、もはや、次元に、高い低いは無いのです。上へ上がるのではなくて、リアリティを、横へ移動するだけなのです。そして、簡単に行き来できるものなのです。

私たちの意識次第で。

No.16ー1の前半はアシュタール・ウェディングがテーマで、アシュタールさんから、ツインフレームたちに向けて、励ましのメッセージがあります。(No.16-1は、録音の最初から最後まで、高次元の象徴の鈴のが鳴り響いています。ものすごいエネルギーの集合だったんですね、このとき。(^^ ))

先の6月夏至、この頃を境に、真のツインレイ/ツインフレームであれば、二人の間を隔てていた障害は取り除かれたはずです。

二人の距離が近くなったか。。関係が一気に進んだか。。絆がさらに深まったか。。(私たちをご覧になっていれば、おわかりですね。(^^ ))

じっちゃん創造主からも、メッセージがあります。

後半は、アシュタール通信恒例の質疑応答、No.14に引き続き、子どもがあなたに伝えようとしているあなた自身のこと~360度鏡の世界について、さらに深く理解を深めるべく、議論を交わしています。必聴です。

No.16-2は、昨日2018-7-17の録音ですが、No.16-1のその後、何が起きたのか、その解説をアシュタールさんからうかがっています。

先のアシュタール結婚語録の中で、彼は「これからは、貴女の思考、行動、どれを取っても、具現化する速さが増してきます。」と言っていたのですが、まさに、その通りでした!

驚くべきスピードで、上の次元での約束が、この次元で実行に移されました。私たちは今、いったい、どのようなリアリティにいるのでしょうか!(゚o゚;

じっちゃん始め上のチームが、私たちに最高最善をもたらそうとするとき、彼らは、このようなことまでできるのです! あり得ないほどのシンクロでした。

じっちゃんは、「わしに任せてくれれば、委ねてくれれば、もっと良いものを与えられるのに、、、」と、よくおっしゃいますが、、じっちゃんが為さることは、私の小さな想像力の範囲をはるかに大きく超えるものなのでした。(゚o゚;

そして、今回は、大天使アズラエルさんもシナリオ書きに深く関わって下さいました。アズラエルさんの御働きを、初お目見えにあたって?!(^^ )、私に具体的に見せて下さったそうです。凄かったです。感謝です。ありがとうございます。m(_ _)m

そして、No.16-2 の後半でまたまた、とても重要なトークをしています。

これから数を増してくる天変地異、地球規模の気象災害について、私たちはどのように備えればいいのか、その災害対策について、アシュタールさんと実利的なトークを展開しています。

無用な恐怖に陥らず、しっかりとグラウンディングしたまま乗り切るために、、ぜひ、彼のアドバイスを聞いていただければと思います。

現在、日本を覆って、一見、私たちを苦しめている猛暑ですら、それなりの理由、天の深い配慮、準備があるんですね。

たとえ表層ではどのような事象が現れようとも、じっちゃんの宇宙の”根底には愛しかない”、それを、私は実感しています。

皆さんもそれを感じ取ってくれれば、とても嬉しいです。

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー、パワーストーンセラピスト、ヒーリングダウザー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP