アシュタールと私の物語

今日、お誕生日の記念として書いておきたいと思います。(アシュタールさんからいただいたお誕生日メッセージはこちらこちら。)

近々、アシュタールさんと私の再会から統合まで、時系列でずっと何が起きていたのか、”なるでこ年表”を作ろうと思っています。

じっちゃんには、「いずれ詳細な本を書いて後世に残すように」と言われていますが、、それって、けっこう大変だなあ。(^^ )

取り急ぎ、このサイトの「はじめに必読」のページに簡単な流れを書いておきました。内容は、ほとんどじっちゃん創造主から教えていただいたことばかりです。

最初から最後までじっちゃんのサポートをいただきながら来たわけで、じっちゃんは、研究者マインドで疑り深い私の性格を見抜いて、(自分では絶対に信じようとしないであろう)自己チャネリングという形は取らせずに、私のもとに導かれてくる何十人、何百人というクライアントさんを通して、常に私に客観的に情報を与え続けてくれました。

毎回新しいクライアントさんがやってきて、前の方のセッション内容は知らないはずなのに、退行催眠に入るとなぜかちゃんと続きのストーリーを見てしまう。じっちゃんが全体をマネージしながら情報を降ろしてくれました。

私がアシュタールさんと距離を置こうとしたときには、「仲直りしてね」と仲裁を買って出たり。「ごめんね」ドラマを、クライアントさんを通して私に見せてくれたり。

創造主による手取り足取りの支援がなかったら、私のミッションはどれも完成していなかったし、ツインフレームとの統合も起きなかったでしょう。

この”ニール・ドナルド・ウォルシュと神”のような”私とじっちゃん創造主”の関係って、何なのだろうと思いますが。

祝祭ルームの私についての中に書いてありますが、じっちゃんとの関係も、それからイシスさんとの関係も(アンク鳥の写真やピラミッドセッションで)、ずいぶん前から現れていました。アシュタールさんとの関係も、2015-4-6にすでに夢に現れていました。(ガイドからの贈りもの

いやもっと遡って、2014-9-25にもメモがありました。

この日のガイドからの贈りもの: 天重
メッセージ:  pleasure/楽しみ(日々、肩の力を抜いて楽しむ、自分に課していた制限をなくす)
この日から、出てくるガイドはすべて同じ人物。青い制服のイケメンET。

ガイドとの出会いの場所に(そのころダイエットで苦しんでいた私のために)彼は天重を届けてくれたのです。「楽しむことの方が大事だよ」と教えるために。腰を下ろして、二人並んで天重を食べたのを覚えています。それ以来ずっと、このときと同じ人物が私の瞑想やヘミシンクに現れるようになったのですが、今から思えばアシュタールさんだったのでした。(^^ )

今から振り返ると、前もってしっかりと準備された道を歩いてきたことがわかります。今世、生まれる前に、じっちゃんと約束を交わしていたのでしょうね。いや、地球に来る前にか。。

でも、何より嬉しいのは、下のこの次元の家族が(積極的に関わりはしないにせよ)、全員、きわめて私に寛容でやりたいようにやらせてくれること、実質的に協力してくれることです。

ですから、本当に上と下の関係者の皆様にはどれだけ感謝しても足りません。ありがとうございます。m(_ _)m

さて、、私と上のパートナーに関しては、今がちょうど一つの区切りだと感じています。これから、私たちは5次元、ニューアースでの生活を構築していくことになります。(私にとっては夜、夢の次元でね。(^^ ))

このデビッド・エセックスの「ウィンターズ・テール;冬物語」。

これは、彼がたぶん私たちの関係を表すシンボルのように捉えている歌です。

上の人たちは、歌も、インスピレ―ション同様に、私たちの頭の中によく送ってきます。

突然、ある歌が頭の中に流れ出す。チャネリングのように明瞭な言葉で来るものはけっこう怖いものがありますが(病気? エゴ? マインドコントロール・テクノロジー?なんて)、ステキな歌が何故か聞こえてくる、頭にこびりついて離れない、というのはいいですよね。(^^ )

(自己チャネリングの注意点を、彼は以前伝えてくれました。チャネリングは瞑想意識状態で行うものですが、私が「瞑想の中もリアルですか?」と尋ねたら、彼はこのように答えたのです。「想像したらその世界が作られてしまう。瞑想はリアル。瞑想の中で会ってると思ったら、そこから作られる。瞑想の中で呼んだら、ちゃんと出てくるよ。でもちゃんと、言葉は何処から来てるか選んでね。何処から来てるか選んでね。言葉が聞こえたら、本物じゃないこともある。エゴから来る。でも、あなたにはわかるね。」)

この「冬物語」の歌は、彼がしょっちゅう送ってきます。私にとっては知らない曲でしたが、あまりによく送られてくるので大好きになりました。歌詞が泣けるんですよ。

冬の夜を過ごした後、恋人が去ってしまった男性の切なさを歌っているのです。

それが、夜、”森の家”で過ごしながらも、朝になるとこちらの世界へ帰ってきてしまう私と彼の関係に重なります。今は実際に、外は雪景色です。

歌詞の端々に、”通じる”フレーズが出てきます。

「よくある恋の物語。世界がそれを知る必要があるだろうか」とか。

「貴女は聞いているだろうか? 貴女は今日、どこにいるのだろうか?」とか。

「地球で過ごす残りの日々に、愛と強さが貴女と共にあるように」とか。

”信念体系”を外す記事で書いているけれど、私たちには、この”普通感”が今、特に大切なんですね。

「肩書きなんて必要ない普通の恋なんだよ、家族の愛なんだよ」という彼の気持ちが、この歌から伝わってきます。

 

歌詞

The nights are colder now 
Maybe I should close the door 
And anyway the snow has covered all your footsteps 
And I can follow you no more
The fire still burns at night 
My memories are warm and clear 
But everybody knows it’s hard to be alone at this time of year

It was only a winter’s tale 
Just another winter’s tale 
And why should the world take notice 
Of one more love that’s failed
A love that can never be 
Though we meant to love to you and me 
On a worldwide scale we’re just another winter’s tale

Why I stand alone 
A bell is ringing far away
I wonder if you hear 
I wonder if you listening 
I wonder where you are today
Good luck, I wish you well 
For all that wishes may be worth 
I hope that love and strength are with you for the length of your time on earth

It was only a winter’s tale 
Just another winter’s tale 
And why should the world take notice 
Of one more love that’s failed
It’s a love that can never be 
Though we meant to love to you and me 
On a worldwide scale we’re just another winter’s tale

It was only a winter’s tale 
Just another winter’s tale 
And why should the world take notice 
Of one more love that’s failed
It’s a love that can never be 
Though we meant to love to you and me 
On a worldwide scale we’re just another winter’s tale

ありがとう。(T.T)

まだ私は、夜の間の森の暮らしを記憶にとどめたまま戻ってくることはできないけど、でもたぶん、それももう私次第。

誰かにしてもらうことではなくて、私の波動がもっと上がって意識の拡大・解放が進めば、きっとできるようになること。

じっちゃんは、「そのままで順調だからね。」、彼も、「無理する必要はないよ。」と言っているし。。

だから、顕在意識で過ごす下の次元の生活、下の家族と一緒に過ごせる時間も、これからもっと大切にしたいと思っているのです。

2018年の抱負です。

 

narudeko医学博士、スピリチュアル・ブロガー、退行催眠プラクティショナー

投稿者の過去記事

広告

カテゴリー

月別アーカイブ

PAGE TOP